« 日曜日に予定が入る時 | トップページ | 紹介の仕方にもいろいろとある »

2022年8月 6日 (土)

やっぱり「営業はいらない」

20210509_202208061952017月14日のカンブリア宮殿は、『メルヘン』というサンドイッチ専門店の話。『売上を追わない”のんき経営”で40年間赤字なし!』がタイトルでした。

村上龍の編集後記では、こんなことを言われていました。

『会社名はメルヘンだが、経営はリアルだ。のんき経営などと言っているが、余裕を持って判断をくだすだけで、単純に「呑気」なんかではない。(~中略~)創業以来、味を追求してきた。他社のことは考えたことはなかった。客の口コミで広がっていったので、宣伝や営業に力を入れる必要もなかった。』

これは、普段から私も考えていることですが、宣伝や営業に、時間やコストをかけないでいい。本業に専念できる、というのは、その道を究めるには最強の状態です。

司法書士事務所でも「営業職」が置かれる事務所もある時代ですが、私の事務所であれば、「外のことはいいから、とりあえず中のことを手伝ってくれ」と言うでしょう。営業するような必要はなくて、仕事を増やすような余裕もなくて、とにかく、目の前のことをするので精一杯。

となると「気が付けば仕事がない」状態になるリスクも分かっていますが、「営業はいらない」状態は、その道を極めるためには最強の状態と信じてやっています。

|

« 日曜日に予定が入る時 | トップページ | 紹介の仕方にもいろいろとある »

事務所経営論」カテゴリの記事

掃除を見れば組織の質がわかる(2022.10.01)
『縁』と『タイミング』(2022.09.29)
自分の事務所でも思うようにならない(2022.09.27)
結婚15周年の記念日(2022.09.24)
3日間でも5日分の分量(2022.09.22)

司法書士という仕事」カテゴリの記事

カード裁断用にシュレッダー(2022.10.02)
自分の事務所でも思うようにならない(2022.09.27)
利用者から見えるのは一部だけ(2022.09.21)
逆に司法書士の仕事しかできない(2022.09.08)
思えば遠くに来たもんだ(2022.09.06)