« 閉鎖された会社登記簿の保存期間 | トップページ | 明日以降の予定の空き状況 »

2021年12月15日 (水)

当事務所での法テラス事情

20211215

法テラスの契約書を送り返せたので、消滅時効援用のための内容証明郵便を発送。順番を間違えると、法テラスからの報酬が出なくなるので、法テラスの審査が通るのを待っていました。

11月から、生活保護の受給者で、償還免除が前提の方でも、償還口座の登録が必要になっていますが、これは私が見落としていて、依頼者の方にお待たせしました。

一方では、後見申立ての下準備がほぼ出来上がったところで、法テラスの審査が止まってしまい、その間にご本人が亡くなられた事例。これは直近の事例です。

法テラスの審査が進む前に、先走って進めた私が悪い、と割り切るしかないのですが、「法テラスの審査が通るまで、着手はしません」というのは現実的ではありません。親族調査のために、多額の戸籍謄本代を費やした後の出来事でしたが、実費を請求する先も無くなってしまいました。

報酬が低くて、手間の割には合わない。特に自己破産の場合と、任意整理(消滅時効援用も含む)の場合の報酬のバランスがおかしい。業界内でもいろいろと言われている法テラス。私の事務所でも「もう特別扱いは止めよう」という考えもあるのですが、「いざ」という時には使える制度、という認識で利用させてもらっています。

|

« 閉鎖された会社登記簿の保存期間 | トップページ | 明日以降の予定の空き状況 »

司法書士の日常(令和3年)」カテゴリの記事

今年もありがとうございました(2021.12.31)
AFPの資格更新の単位をクリア(2021.12.30)
5年に一度の年次制研修をクリア(2021.12.29)
「年末の出来事」記憶の変遷(2021.12.28)
テレビ電話を使った後見人の届出(2021.12.27)

成年後見」カテゴリの記事

出会いは突然にやってきます(2022.09.14)
わずかな空き時間が貴重(2022.08.30)
軸がしっかりしていれば戻れる(2022.08.18)
計算能力が衰えると小銭が溜まりがち(2022.08.10)
「組立済」か「組立要」か(2022.08.04)