« 連休明け&連休前の一日 | トップページ | 部屋から富士山が見られる宿(静岡県) »

2021年8月11日 (水)

経理を疎かにすると事業はうまくいかない

20210811会社を設立されたばかりのお客様を、税理士さんにご紹介してきました。

思い起こせば、になりますが、私も開業時代、経理は素人。
しかし、幸いにも勤めていた事務所で、後見業務に弥生会計を使っていたので、ごくごく基本的なことは身に付けていました。

今はスタッフが入力してくれる弥生会計。月末に仕訳日記帳をチェックして、預り金と未収金のチェックをする、というのをルーティンにしています。

本業のことで精一杯。経理のことなんて…になりがちですが、今だから思うのは、「事業がうまくいくのかどうか」の分かれ目は、「経理をきちんとしているか」という要素が非常に大きいです。

個人事業の方は、通帳に「事業のお金と自分のお金がごっちゃ」という方が多いのですが、これはよくない。私自身は、月に一度の給料日に事業のお金から自分の給料をもらう。それ以外は触らない。しかも固定給とする。開業2年目からはそんな方法です。

「今月の売上がよかったから、ちょっと多い目にもらおう」というのもありません。法人から給料をもらう仕組みにすると、役員賞与になるのでできない、というのも幸いでした。

|

« 連休明け&連休前の一日 | トップページ | 部屋から富士山が見られる宿(静岡県) »

事務所経営論」カテゴリの記事

掃除を見れば組織の質がわかる(2022.10.01)
『縁』と『タイミング』(2022.09.29)
自分の事務所でも思うようにならない(2022.09.27)
結婚15周年の記念日(2022.09.24)
3日間でも5日分の分量(2022.09.22)

会社登記」カテゴリの記事

役員変更登記を放置してくる過料(2022.09.15)
「電子提供措置」に関する定款変更(2022.08.28)
登記の完了が全体的に遅れ気味(2022.07.26)
二度目のテレビ電話(定款認証)(2022.07.22)
テレビ電話を使った定款認証(初)(2022.05.17)