« 自筆証書遺言書を法務局で預かってもらう制度 | トップページ | 連休明け&連休前の一日 »

2021年8月 9日 (月)

事務所の報酬規定の改定

310223_20210809201501事務所の報酬規定、整理していました。

先日から書いている話。「いくら~」という『~』は極力なくして、私がいなくても、事務所のスタッフでも計算できるようにしています。

報酬を考える時の基準は、まずは『時間』。
私の場合、だいたい「1時間あたり1万円」を目安に考えています。それが司法書士としての売り上げで、そこからもろもろの経費を支払うので、所得ではありません。

あと、『期間』というのもあります。
1つの案件に拘束される期間が長くなると、何度も書類を手にすることになり、単純な時間以上の手間になります。

レアな内容。
不在者財産管理人、相続財産管理人、失踪宣告や特別代理人選任申し立てについても、表に出しました。このあたりは、家庭裁判所の手続きの中でも争いがない事案なので、司法書士向けのお仕事と考えています。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト「手続き費用一覧」
◎リンク 司法書士吉田事務所相続サイト「手続き費用一覧表」

|

« 自筆証書遺言書を法務局で預かってもらう制度 | トップページ | 連休明け&連休前の一日 »

事務所経営論」カテゴリの記事

掃除を見れば組織の質がわかる(2022.10.01)
『縁』と『タイミング』(2022.09.29)
自分の事務所でも思うようにならない(2022.09.27)
結婚15周年の記念日(2022.09.24)
3日間でも5日分の分量(2022.09.22)

家庭裁判所の手続」カテゴリの記事

事務所の報酬規定の改定(2021.08.09)
特別代理人を選任しての相続手続き(2021.03.11)
予期しないタイミングでの特別送達(2021.02.02)