世の中の話

2021年1月16日 (土)

下の人は意外な程見ているもの

20210116

グーグルAIの予測では、今後もコロナの感染確認者が増えていくことになっています。大阪でも、1月24日には1,000人超え。

混沌としてきました。
政府や都知事、府知事が出している情報・メッセージには、明らかに矛盾があります。

「夜8時までに限らず外出は自粛」「ランチも自粛」ならば、「飲食店の営業が夜8時まで」とされていることの辻褄が合いません。サイゼリヤ社長の「ふざけるな」発言は、もっともなことと感じました。みんな生活がかかっています。人生がかかっています。

私も小さな組織の経営者なので、何となく分かります。
上の人に立つ人が、日頃から何を考えて、どんな行動をしているか、意外な程見られているものです。自分の都合のいい時だけ、言うことを聞いてもらおうとしても、無理なんです。

「ああ、また言ってるわ」でスルーであれば、まだいい。
「困っている」ことが伝わると、余計に面白がって反抗されることもありえます。

子供の頃に親に対して、もしくは、上司に対して、そんな目で見たことなかったでしょうか。今の世の中、そんな雰囲気になっている気がします。

|

2020年12月27日 (日)

新型コロナウイルス素人の雑感13

20201227 私が後見で関与させてもらっている方がコロナ陽性、入院となって、私も自費でPCR検査を受けた話は、今までに書いたとおりです。部分的にですが当事者になって、思うこと、感じることは多々ありました。

これも今までに書いてましたが、素人である私の中にある「経済対策」は、感染する人の数を減らすこと(医学的にどう、という話は別とします)。なのに、政府は人為的に、人の動きを増やそうとした。

また、GOTO停止で日本内での人の移動を制限する前に、入国規制をして欲しい。入国した人が自宅待機で済むなんておかしい、という感覚は変わりません。ただでさえ家庭内感染が増えている、というのに、なぜかマスコミも突かなかった。

今も再び「明日から外国人の入国規制を強める」という報道がなされていますが、日本人だったら、新しいウイルスを持ち込んでも構わないと考えるのか。

感染確認数が最多を更新している中でも、緊急事態宣言の時とは、空気感が全然違います。

「GOTOは1月12日から再開を検討」という担当大臣の会見とか、紙に書いてあることを読み上げる総理大臣。オリンピックの予選が行われている状況を見ると、医療関係者がいくら声を上げても、「その程度の状態なのか」と伝わってしまいます。

|

2020年11月29日 (日)

新型コロナウイルス素人の雑感12

011123_20201129191301私が関与させてもらっている方から、コロナ陽性の診断が出ました。

今まで、身の回りで「感染された」という話を聞かなかったため、どこか当事者意識が欠けていた部分がありますが、一気に身の回りに迫ってきた感じです。迅速に対応して下さった行政や関係者の方には、感謝の思いしかありません。

素人感覚では、部分的にGOTOを止めて、それで静まるとは思えません。
特定の業種だけを狙い撃ちして、営業時間の短縮をすることも同じです。

緊急事態宣言の時と確実に違うのは、外国からの入国が簡単になってしまっている点。どうしてマスコミは、そのことを言わないんでしょうね。

それと、年度末を越えて出された緊急事態宣言の時と違って、これから年末。
司法書士の業界は、これから忙しい時期になります。

うちのような小さな司法書士事務所でも、すでに「予定がかぶるんじゃないか」という、日時未定のお仕事が入ってきています。

|

2020年11月21日 (土)

新型コロナウイルス素人の雑感11

20201121

大阪でのコロナ感染確認、今日415人で過去最多。

10月に、厚生労働省が高齢者施設に対する面会制限を解く方針を出したことに、私は「心配な流れ」と書いていました。「都構想の住民投票が終わったら、数が増えるで~」というのは、内々で言っていました。そんなこと、やってる場合ではなかった。

「GOTO見直し」が報じられていますが、ちょっと前には「延長すべし」という議論が出ていました。第2波に続いて、思っていたより早くやってきました。

感染者の数は発表されても、詳しいことには蓋をされています。感染している方が、統計的にどんな生活をしている人なのか、知りたい。

仕事で外に出ている以上、どこでウイルスをもらってくるかは分かりませんが、「2週間以内に、他人との会食をしない。満員電車にも乗らない」。それでも感染している人が、どの程度いるのか。

今のままでは、そこまで怖れる必要がない人が必要以上に用心し、そうでない方が怖れない、経済に対して悪循環になる気がします。

|

2020年10月17日 (土)

税金の滞納と預金口座の差し押さえ

021017読売新聞朝刊に「給料即差し押さえ 行き過ぎ?」「税滞納者口座から全額」「各地で訴訟自治体敗訴も」の記事。

税金や国民健康保険料の滞納がある方の銀行口座。
「給料が入る日を見計らって差し押さえ」というのは、実際に私も見聞きしています。しかし、役所の窓口に相談に行ってもらうと、一部を除いて返金してもらえる場合がほとんど、のような気がします。

司法書士は、自己破産や個人再生の書類作成者として関与させてもらう立場。
なので、債務者の立場に立って物事考えるべきところですが、いきなり差し押さえされるのは、滞納が長期になり、分納の話を役所の窓口にしに行かず、税金の滞納を放置したままである、ことが理由だと思います。

記事には「分割払いを申し出たが応じてもらえなかった」とありますが、毎月の分割払いの金額にもよるかもしれません。窓口に行かず、横着して電話で済まそうとされて、話を聞いてもらえなかった、という例も知っています。

「こんなことになるとは、聞いていない!」と、怒りの矛先が司法書士に向けられても困るので、まずは役所の窓口に、分割納付の話し合いに行ってもらうようお伝えします。

|

2020年9月26日 (土)

マイナンバーカードの普及は難しい

020926

キャッシュレス決済に、ついていけてない部分がありますが、「25%のポイント」がつくなら。「2万円のチャージで5,000円のポイントがつくなら」と、交通費で必ず使う『ICOCA』でマイナポイントの登録をしました。セブン銀行の端末を使いました。

しかし、勘違い。
期間中、「2万円チャージする度に5,000円」と思っていたところ、期間中につくポイントの上限が5,000円でした。

勘違いに気付いた私に、「5,000円は大金ですよ」と事務所で言われましたが、果たして「5,000円のためにマイナンバーカードを取得しよう」とする人がどれだけいるか。

総務省のデーターによると、9月1日時点のマイナンバーカードの普及率は19%とのこと。マイナンバーカードを持つことのメリットをもっと。逆に、持っておかないと不自由するくらいの政策を取らないと、普及率は高まらないはず。

例えばですが、「GOTOトラベルを利用するには、マイナンバーカードを提示しないといけない」とか(もちろん、番号が書かれてある面は見せない)。

司法書士からお願いする本人確認の書類として、第一に『マイナンバーカード』とお伝えできるようになれば…と思いますが、今のままだと期待はできません。

|

2020年8月 9日 (日)

この夏は「特別な夏」

Hongahji

この夏は、特別な夏。。。
小池都知事の言葉を、どうやったらプラスに解釈できるかと考えていますが、分かりません。

昨日の新規の感染確認は、大阪178人、東京429人。
医師の中でも、「コロナは風邪」「指定感染症から外せ」と訴えている人が増えてきました。一方、コロナ患者に現場で直接携わっている医師からは、疲弊した声が発せらせています。

国の考えていることも分かりません。

昨日の西村大臣のツイートで「感染者数を早期に減少させるよう全力を尽くす」とありましたが、実際の政策は、感染拡大に目をつぶって経済を無理やり回そうとし、落としどころが分からなくなっている状態。このままいけば悪循環。経済へのダメージは、余計に深くなります。

今週のカンブリア宮殿では、「築地本願寺」の取り組みが取り上げられていました。2年前に仕事で行った時は、平日なのに人が多くて、昼食を食べられなかった築地。

「築地本願寺」では、オンライン法要に、結婚相談所もしているとのこと。「トップが元銀行員」で古い組織を大きく改革されたという話は、以前のカンブリア宮殿で見ましたが、発想を大きく変えて事業を続けるのか、早いうちに諦めるのか、事業者の選択はどちらかになるような気がします。

|

2020年7月26日 (日)

新型コロナウイルス素人の雑感10(司法書士目線)

0204

感染が確認された人急増で、再びコロナを恐れながら仕事をすることになりそうです。

今までも恐れてきたつもりです。私自身、2月から夫婦以外での食事はしていません。

一度だけ、お客様の施設の内覧会に呼んでもらって食事(昼食のお弁当のみ)をしたのが「気が緩んだ」と言われていた3月の3連休でした。私の感覚では、感染が広がってなくても、まだ「他人との会食はNG」です。

しかし、思いのほか仕事量が増えて、毎日、いろんな方にお会いしていて大丈夫だろうか、というのは気になっています。これはお仕事が止まらない限り、仕方ありません。

夫婦での旅行には行きました。

2週間経って何もないので言えることですが、同居家族だけで泊まりに行く。但し、交通手段は車。宿に着くまで、途中どこにも寄らない。これだったらリスクは低いのではないかと思っています。大規模な宿。バイキングは避けます。

一方、テントに泊まったり、野外で楽しんでる方もニュースで見ますが、トイレは共同です。高速道路のSAも含めて、トイレの共用は危険(特に女性は)、というのが私の感覚です。

この4連休のこと。「GoToトラベル」スタートの影響が、どの程度悪く出るのかわかりませんが、『専門家』と言われる方が発言されている内容もさまざまで、何を信じたらいいか分からない。国と東京も正反対のことを言っています。国の中でも正反対の政策をやってます。各自「自分の感覚」で考えないと仕方がないので、余計に危うい状態です。

|

2020年7月25日 (土)

テイクアウトでもブランドを崩さない

020725

「社会勉強のため」と言い訳して、前々から気になっていた『木曽路』のテイクアウト弁当。

お値段は、店内でも食べられる金額。ハードルが高かったのですが、立派な袋に入れられると、ちゃんと商品として成り立っています。

『木曽路』は、着物を着て接客してくれる、ちょっといいお店です。駐車場に並んでいる車も、高級車が多い。車はたまたまかもしれませんが、「ブランドを守られているな」という気がしました。

固有名詞は出しませんが、26号線沿いで「テイクアウト500円」と出していたお店、内容を見てがっかりしたものですが、今はやっていないようです。ときはま線沿いで「400円」と出していたお店の商品は、入れ替わっています。そんな金額では、利益が出ません。。。

元々は高級な部類、和食系ファミリーレストランだったお店。私が株を持っているお店ですが、緊急事態宣言が明けて開店した際、白い紙に箇条書きにされた「テイクアウトメニュー」を見て、なんじゃこれ、と感じたこともあります。営業自粛中に経営者は何してたのか、大きな会社なんだから、ちゃんと考えてやりましょうよ、と。そんな思考は、司法書士業務にも通じることです。

|

2020年7月12日 (日)

川沿いの不動産売却の経験(後見人から)

020712今週は、九州・岐阜を中心に、連日大雨の被害が報じられていました。

「50年に一度の雨」「今までにない雨」が毎年降るのであれば、もうそろそろ、結果論で済ますのは限界なのではないかと思います。

昨年の秋、不動産売却のため、後見人に就任させてもらった事例では、「川沿いである」等の悪条件が重なり、値段がつかず、一時はどうなることかと思いました。固定資産税で考えると、1期分で4万円もの支払いが必要な土地です。

やっと買い付けが入ってホッとしたところ、親族さんから「その金額では納得できない」という主張があり、お話をするため、何度も足を運んだ経験があります。

第三者からすると、客観的に考えられることも、住み続けておられる方にとっては、容易に決断できることではないのは当然ですが、水曜日、大阪の大和川でも、短時間の雨でかなりの水量になっていました。堺市のハザードマップでも、広範囲で浸水の被害が想定されています。

◎外部リンク 「堺市 内水・土砂災害・洪水ハザードマップ

|

より以前の記事一覧