司法書士の日常

2019年3月22日 (金)

祝日と土日に挟まれた一日

祝日と土日に挟まれた一日。
やることは大量にありますが、電話がほとんどならない不思議な日。

天王寺に出ると、若者がウロウロ。
記帳のために入った近鉄百貨店の中は、そこそこの年齢の女性の方がたくさん。こちらはゆっくり歩いてられないので、かき分けながら進んでいました。

そんなことで、今日は、ゆうちょでの相続手続きが完了したので、払戻証書を窓口に持参して換金。預り金口座に入金。

後見申立のため、天王寺サービスカウンターで住民票からの資料収集。
後見事件、最近は、委任状をもらって「親族調査のための戸籍収集」からのスタートが多くなっています。戸籍謄本を収集しなければ、親族関係図の作成もできないし、申立に際して同意書をもらわないといけない親族の存在の有無も分からない、ということです。

相続登記の申請。費用も事前にお持ち下さいました。
相続登記のご捺印待ちの状態、見積書をお出しした状態で、費用を振り込んで下さった案件もあります。
弁護士さんの着手金と違い、表向き「前払いが基本」としつつ、実際には後でいただくことが多いのですが、ありがたいことです。

|

2019年3月20日 (水)

細かい文字が見えない方の気持ち

今日は、後見の新規申立のための打ち合わせ。
地域包括の方と一緒に、ご本人宅に。

私も老眼が入ってきたので、この文字細かいな、名刺に「司法書士」って入ってるけど、細かくて読めないな。
若い時には、考えもしなかったことに気付くことになりました。

福祉関係の方がよくされているように、裏面に「ひらがな」バージョンも作ったほうがいいのかもしれません。

離婚公正証書の起案は、公証役場と内容の調整をしながら、無事に完成。
下準備と日時の設定だけを事務所で行い、公証役場にはご自身で行ってもらいました。

「離婚相談」という書き方になると、弁護士法に触れる可能性があるので、積極的には告知していませんが、話し合いがまとまっておられて、離婚公正証書の作成をしたい。不動産の名義の変更をしたい、というご相談は一定数あるので、ホームページにもまとめてよいのかなと考えています。

|

ココログのメンテナンス

昨夜は、ブログを書いているニフティ「ココログ」のメンテナンスでログインできず。いつからか続いていた、連続投稿も、ストップすることになりました。

忙しい時でも、朝起きたら顔を洗う。
忙しい時でも、寝る時は歯を磨く。

そんな感覚で、ブログは続けているので、「忙しい」を理由で書かないことはありません。

誰かに評価されるわけでもない、報酬をもらえるわけでもない、SEO対策でもない、自己満足の世界なので、続いているものだと思います。

キーワードは、「誰でもできるのに、誰もやらないこと」です。「習慣」として続けていきます。

|

2019年3月18日 (月)

法定相続情報証明で待ち時間短縮

Denwa2月曜日の朝は、いつもの状態。

電話が続くので、やりかけた事務仕事のファイルの上に、どんどんと書類が積もっていきます。それを取り除いて、1本のお手紙をまとめられたところで、午前中は終了。

午後からは、金融機関で相続手続き。
事前に法務局で法定相続情報証明を申請してあるため、窓口で、戸籍の束のコピーを取られる時間を短縮することができます。結果的に、申請人の待ち時間を減らすことができて、申請人側のメリットになるはず、です。

ゆうちょ銀行で、被保佐人さんの簡易保険、生存給付金の請求。

全面的な代理権のある後見と違って、保佐の場合は、代理権目録の範囲内でしか代理ができません。

代理権の範囲を定める時、不十分であれば後で不自由することになるので、必要最小限の範囲内であるとしても、漏れが無いように気を付けないといけません。

|

2019年3月15日 (金)

住吉大社横断コース

310315金融機関まで、設定書類のお預かりに訪問。

車のほうが便利かと思いつつ、天気もよかったので、住吉大社横断コースで伺いました。近くにある名所なのに、住吉大社に立ち入るのは、初めてのことかも。

堺市内の会社さんで、会社設立の打ち合わせ。
原本は後日でも、事前にコピーをいただかないと書類をご用意できないので、身体に染み着いた流れを元に、書類の段取り、ご捺印の段取りをご説明し、組み立てていきます。

昨日、堺支局に申請した不動産登記は、翌日の今日にもう完了。
これから年度末になるとどうなるのか、また年度をまたぐとどうなるのか、というのはありますが、現時点。3月の半ばまで、すぐに完了する流れが続いています。

|

2019年3月14日 (木)

名義変更するには「原因」が必要

Panfu_fudousan不動産名義変更の打ち合わせで、施設にご訪問。
売買か贈与か、税理士さんにも相談に乗ってもらいながら、レポートをまとめました。

日常的なこと、「不動産の名義変更をしたい」という問い合わせ、よくいただきます。

事務所側からは、「相続ですか、贈与ですか、それとも…?」というご質問を投げかけて、内容を読み解いていくことになります。名義変更をするのには、そこには法律上の「原因」が必要となります。

午後からは、事務所で登記の書類の授受。
来年の申告時期に、税理士さんのご紹介をすることを、この時点でお約束済みです。

もう一件、お客様宅で打ち合わせ。
金銭的なこと、法律的なことで不都合が生じるのを防ぐため、「見守り」「任意後見」「遺言」「死後事務」の4本の公正証書はセットで。誰がどこを受任するかは別として、「死後事務のみ」の受任も行わない、というのを基本としています。

|

2019年3月13日 (水)

自動精算機と司法書士業界

Mikuni朝から被保佐人さん宅訪問。
いつもより15分早く電車に乗っただけなのに、通勤ラッシュど真ん中なのか、身動きできない混み具合。

今日は本を読みたかったので、「たかが15分」の違いをずらして通勤できるか、大きな違いです。

帰り道、事務所から訪問予定先に電話を入れてもらい、予定を聞いてもらいましたが、「まだ準備中」とのことで、行き先変更。次の候補先に、アポを入れてもらいました。

そんなことで、遺産承継手続きの中で、金融機関に2件(被相続人は別の方)訪問。
相続登記の申請。

それと、年末から途切れては始まる鼻炎。
花粉症と紛らわしい時期になったので、原因を解明しようと耳鼻科でアレルギー検査をしてもらいました。

今回、今まで通っていた耳鼻科とはまた別の所に行きましたが、個人病院なのに、自動精算機があるし、ネットで問診票を送信してから受診できるようになっているし、もう元の耳鼻科には戻れません。

司法書士の業界も、今までの延長で物事考えていたら、知らないうちに「チェンジ」が行われることになるんだろうな、ということを考えました。

|

2019年3月12日 (火)

タイムズになっている病院駐車場

310312お客様宅で金消契約の立ち会い。

車は病院の駐車場に、ですが、タイムズになっているので、代金を支払って、堂々と使えます。

面会のため、必要があって停めようとしているのに、「出入り自由で空きがない(+周りにパーキングがない)」病院の駐車場もあるので、「部外者には有料。通院や見舞いは割引」のシステムは合理的です。

午後からは大阪市内。
後見の申立準備のため、施設をご訪問。

途中、寄って帰りたいところが2か所あったものの、明日の準備ができていないので、事務所に直帰。

今週は、毎日2つ3つと外出予定があり、それぞれに課題があって、事務所で準備をしてお伺いすることになるので、予定表以上に詰まっている感があります。

|

2019年3月11日 (月)

後見等申立時の診断書様式の変更と

310311午前中は、事務仕事をしたくて時間を空けていましたが、月曜の朝特有の慌しさ。バタバタと追われることになりました。

午後からは、大阪市内の用事。

天王寺のサービスカウンターで、相続等の戸籍収集は、3件分。
待つ時間がもったいないので、申請書だけ出しておいて、司法書士会と行政書士会を回って、戸籍等の職務上請求書の購入。
大阪法務局では、保佐の登記事項証明書の取得。
そして、天王寺でのサービスカウンターで受け取って、事務所に戻ります。

そういえば、リーガルサポートからのメールで、4月1日から、後見等の申立時に付ける「医師の診断書」の様式が変わること。「本人情報シート」という、今までになかった添付書類ができることを知りました。何かにつけて、どんどん細かくなっていきます。

|

2019年3月 9日 (土)

クリアホルダー500枚まとめ買い

310309先週末と話がかぶりますが、透明のクリアホルダー(A4)500枚入り、まとめ買いしました。1枚あたり税込み7円ちょっと。

目の前にファイルがなくて、「どこかに余ってないか?」と、事務所内探し回ることもありましたが、1枚7円だと思えば、遠慮なく使うことにします。

事務所の中、いろんな書類が行き交っていますが、幸いにも、書類の紛失事故がないのは、「とりあえずファイルに挟む」を習慣にしているからです。書類一枚ものであれば、どこに行ってしまうか分かりませんが、ファイルに挟んでおけば、とりあえず「形」として存在させられます。

クリアホルダーは「透明」。「名入れはしない」という話は先週書きましたが、もうひとつ、「書類を保管する時は封筒に入れない」というのも習慣です。

封筒に入れてしまうと、中身が見えない。
中身が見えないと管理がしづらい。

事務所から郵送する場合は別ですが、カバンを持たれているお客様に手渡しする際も、袋には入れず、クリアホルダーに挟んでお渡しすることにしています。

|

より以前の記事一覧