プライベートな時間

2018年8月19日 (日)

日光(2日目)

300819日がずれましたが、夏の旅の最終日。8月16日の話です。

チェックアウトから帰りの電車まで、3時間程あったので、バスで中禅寺湖に足を伸ばしました。中禅寺湖は、海抜1,292メートルで、湖の中では日本一の標高にある、とのこと。

箱根の芦ノ湖に似た雰囲気で、湖の周りに宿泊施設やらお土産屋さんが並んでます。天気が悪いので、怖い位の波が立っていました。

しかし、「那智の滝」と並んで、『日本三名瀑』と言われている、「華厳の滝」も見られて満足。

元々、『日光・鬼怒川フリーパス』を持っていたので、東武の電車、バスは乗り降り自由。有意義に使えました。

日光・鬼怒川方面への旅は、前々から実現させたかったものの、時間的なことがネックになってなかなかでしたが、行ってみれば、思ったよりも近かった。心に残る体験、いい旅になりました。

|

2018年8月16日 (木)

鬼怒川温泉~日光

Camerazoom20180815061832702鬼怒川温泉2日目は、5時半に起床。6時半の朝食前に散歩。

サマータイム導入には反対ですし、きっと無理だろうと思ってますが、時間の拘束から逃れて、自由に過ごせたら、そんなサイクルになります。

鬼怒川周辺は、遊歩道や展望台が整備されてましたが、素晴らしい景色。自然の雄大さに圧倒されました。

鬼怒川温泉を後にして、日光に移動。

世界遺産・日光東照宮周辺は、また壮大な世界。
「よくわからないけどみんな並んでる」と、登ることにした204段の石段。上にある奥宮には、徳川家康のお墓があるのだと、登った後で知ることになります。

日光の最高気温は25度。
高い木に覆われ、ひんやりした空気が漂っていて、神聖な雰囲気が漂っていました。

|

2018年8月15日 (水)

鬼怒川温泉

Camerazoom20180814120251050新大阪から東京~浅草経由で、栃木・鬼怒川温泉に来ました。

浅草での待ち時間を入れて、堺から6時間。
浅草からは東武特急スペーシアで(途中から各停に乗り換え)、2時間程です。

東武鉄道に乗るのは初めてですが、スカイツリーの横から出発して、都会の民家の中をすり抜けていたと思うと、いつの間にか田んぼの景色。のどか。

意識して見ていると、大きな川の堤防の下には、民家が普通に並んでいます。大丈夫なんかな~と思う場所が、何ヵ所もあります。

鬼怒川温泉では、残念ながら、ホテルの部屋からは鬼怒川が見えず。散歩に出ようとしたら、激しい雷雨。

一日目は、温泉につかって、静かな山の景色を眺めて終わりました。17時から夕食。20時に就寝。

|

2018年8月12日 (日)

「いい会社」で勤めてくれたおかげ

300812_2_2郵便物が気になって、午前中は事務所に。
「書類が揃ったら申請しよう」と思っている登記があって、不在中でも届けてくれて、かつ、配達の記録が残る「レターパックライト」は便利です。

夕方からは、母方の祖父母宅。
行く道に祖父が勤めていた会社を通るのもありがたいことで、今の自分たちがあるのも、ここの会社のおかげだと、通る度に家族と話をしています。

「いい大学に行って、いい会社に入れ」という教えは、少なくとも、親の世代には正しかったことでした。

寿司屋で寿司を食べるのも贅沢ですが、一品料理をいろいろと楽しませてもらって、さすが寿司屋さん。今回もご馳走様でした。

|

2018年8月11日 (土)

一年間使い続けた豚肉屋の「六角箸」

300811今日は、父方のお墓参り。
祖父母と同居していた期間は短くて、一家にとっては大きな失敗だったのですが、その分記憶が鮮明な部分があって、今思うことがいろいろとあります。

我が家で起こっていた出来事が、世の中にはたくさんあることだったのですが、子供にそんな経験をさせなくても、と。司法書士になれたからそう思います。

昼食は、お墓からの帰り道、久米田の黒豚専門店「そ!これこれ豚肉屋」。

とんかつ自体も美味しいですが、「吉野桧の六角箸」の持ち帰りを勧められていて、我が家では一年間、去年に持ち帰ったお箸を使わせてもらいました。

商店街のサンドウィッチ屋さん、ケーキ屋さんと、毎年寄って帰る店が増えていきます。

|

2018年7月15日 (日)

「スパワールド 世界の大温泉」

300715「記録的豪雨」の後は、「記録的暑さ」と言われています。大阪の最高気温は36℃。お盆の頃のような、真夏の気候。

涼を求めて、「スパワールド 世界の大温泉」のプールに。

しかし、入口での入場制限で、券売機に行き着くまでに30分。カギをもらうまでも行列。

屋内の流水プールは大混雑でしたが、やや人が少ない(そのかわり暑い)野外の温水ゾーンが、意外と気持ち良かった。

いずれにしても、ゆっくりしに来る場所ではなく、これは疲れに来たのか…という感じでしたが、帰り道。

新世界のジャンジャン横丁で見付けた、「創業昭和23年 ミックスジュース発祥の地」の看板。『千成屋珈琲』のミックスジュースで生き返りました。

|

2018年7月14日 (土)

祖母の一周忌

300714_2今日は、亡祖母の一周忌。
お気に入りのお店で食事。

早いものでもう1年ですが、これからも毎年、暑い時期が来ると、亡くなる前~葬儀のことを思い出すことになります。

お寺さんから、2つの言葉。
・「損して得取れ」でなく、「尊して徳取れ」と考えてみてはどうか。
・「相続」というのは、財産を引き継ぐことだけでなく、思いを引き継いでいくことである。

後者は、私自身実感していることで、前にも書きましたが、与えてくれる影響というのは、姿が見えなくなった後も変わりません。

「あの時あんなこと言っていた」「こんなおばあちゃんだった」。
一緒に過ごした時間、残してくれた体験や言葉は、間違いなく下の世代に影響を与えます。

年長者の思いを中心に、まとまることができる家族もいれば、バラバラになったり、一部の人が離脱したりする家族もあるわけですが、「いとこ」「いとこの子」と当たり前のように集まることができるのも、祖父母が作ってくれた環境です。

|

2018年6月 2日 (土)

制県伝説

300602勝間和代さんが、「制県伝説」というアプリで遊んでいるのを見て、試してみた。

「住居5」「宿泊4」「訪問3」で点数を計算されて、現時点で制県レベル132。

九州は、佐賀・宮崎・鹿児島が未踏の地。
新潟・群馬・栃木・茨木以北には、行けていません。

距離的に、大阪から車では行けない。
また、連休に行こうとすると、電車も飛行機もプラスの料金がかかる。

そんなハードルがある場所を残していますが、人生の何となくの目標のひとつに、「47都道府県に宿泊したい」というのがあります(現在32/47)。

今でも、「何で若いうちに、もっと冒険しておかなかったんだろう?」と思うくらいなので、身体が元気なうちに。

以前は、「サービスを学ぶために」を、温泉旅館に泊まりたがる言い訳にしていましたが、今は、純粋に旅すること自体を楽しんで、いろんなことを感じて、それをまた仕事に生かそう、と思ってます。

|

2018年5月20日 (日)

「無印良品」世界最大の店

300520イオンモール堺北花田にできた「無印良品」の店。3月にリニューアルされてから行ってなかったので『初』でした。

普通の「無印良品」にある服や雑貨と共に、レストラン、フードコート、肉・魚・パン・惣菜のコーナーもあります。組み合わせが斬新で面白い。4,300㎡超の規模は、無印の店では世界最大、とのこと。

・通り道にバイキングの食材を並べて大丈夫なのかな
・量り売りの総菜、料金を統一したら、一つのお皿にいろんな食材を盛れるのにな
・フードコートは、もっとベンチがあってもいいかも

ついつい、店を運営する立場の視点で物事を見てしまいますが、イコール、お客として純粋に感じること。

今日はお昼時、お腹を空かせた時に行ってしまったので、またゆっくりと、店内を見て回りたいです。

|

2018年5月 6日 (日)

室戸岬2

300506室戸岬の2日目は、あいにくのくもり空。
景色はイマイチなので、水着に着替えてスパで浮かんだ以外は、帰ることに専念でした。

11時前に宿を出て、堺に戻ったのは18時前。
途中、1時間くらいは「海の駅」「道の駅」「SA」で過ごしたので、実質の走行時間は6時間ほど。

垂水JCTでの事故渋滞がなければ、1時間位は早く帰れていたはずなので、「1泊2日では行けないけど、思っていたほどは遠くなかった」という感覚です。

室戸岬のことを、ウイキペディアでは、「知名度の割には、交通の不便さもあってあまり俗化されていない」「混雑や騒音には無縁であり雄大な光景を味わうには絶好の場所である」と書かれていますが、その通りの場所。
時間の流れが緩やかだったので、帰りの新神戸トンネルで、煽りながら走って行く車の量、スピードにビビりました。

走行距離は、1日目 鳴門到着時点で166キロ。
2日目 室戸岬到着時点で324キロ。
3日目 自宅到着時点で618キロ。

記録の限りで、1回の旅行では一番走ったことになります。

|

より以前の記事一覧