プライベートな時間

2019年1月19日 (土)

自宅に法律の専門書は置かない

310119引っ越し前日は、荷造り。
「女性2人で来る」の『女性』という言葉に、不思議な程の安心感を感じ、梱包もお願いしました。

私の事務所も、『女性司法書士』と表に出していますが、司法書士に限らず、『女性スタッフ』が居る、と伝えるだけで、印象は全然違うものです。

梱包は自分たちも手伝いましたが、3時間ちょっと。自宅にある本のために、段ボール16箱ほど要しました。

本は、私を作っている重要な要素ですが、法律の専門書は、家に存在しません。
これは、こだわりというより、本能的なものです。

|

2019年1月14日 (月)

モノに囲まれない生活が理想

310114来週は、自宅の引越しです。

この1か月、自宅の荷物は随分と整理しました。
「前の家」「前の前の家」から連れて来たモノも、バッサリと処分しました。

今回、次の家に持って行くモノは、私が亡くなったり、判断能力が無くなった時に、第三者の目に触れるかもしれない。仕事柄、そんなことも考えていました。

クローゼットに敷いてあった新聞紙は、平成24年のもの。
掃除をし始めた時は、家の中、常に埃が舞っているような感じで、咳や鼻水が止まらない毎日でしたが、やっと落ち着いたところで、お別れ。

事務所ではいろんな書類に囲まれている分、家に帰ると、モノに囲まれない、シンプルな生活が理想です。

|

2019年1月 3日 (木)

「昭和33年クリスマスの夜に」

310103_2年明け早々、引越しが決まっているので、思い切った断捨離を実行中です。

2つ前の家から、そのまま段ボールに入れられていたであろうアルバム。昔ながらのアルバムは、写真をシートからはがして、ポケットタイプに入れ直しました。アルバム本体は処分。

しかしながら、「贈 ○子に 昭和33年クリスマスの夜に 父より」と書かれたアルバム。

昭和33年に、祖父から母にプレゼントされたアルバムは、娘である母を思う祖父の気持ちも伝わって、捨てることができません。

幸せな家庭だった。
そのカタチも思いも残してくれたことには、感謝しかありません。

|

2019年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

310101明けましておめでとうございます。

新年早々ですが、しばらく風邪気味だったのに休めなくて、やっと休める時間を取れたので、ほぼ一日、コタツでゴロゴロしておりました。

平成最後の大晦日に、平成最後のお正月。
「平成最後の」という言葉を、あちこちで聞きますが、何となく、過去を振り返る機会が多いような気がします。

過去の積み重ねで今が作られて、今があるから将来が作られていく。

二度と戻らない今のこの時間を大切に、過ごしていきたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

|

2018年12月31日 (月)

ミスターミニットで靴修理

301231高島屋に車で近付こうとすると、予想外の渋滞。
店内のレジも行列ですが、普通のスーパーとは年齢層、雰囲気が違います。

ミスターミニットで、仕事用の靴の修理を出しました。
今までは、「傷んだら次の靴」と買い替えていましたが、今の靴は、長く使い続けています。

お節を届けに来てくれた家族に、漬け物を買って、物々交換。

いろいろとやり残したことはあって、特に最後はあっという間だった気がしますが、新しい年を迎えるということで、一区切り付けることにします。

一年間、ありがとうございました。

|

2018年11月23日 (金)

堺市役所21階の展望台

301123_2堺市役所21階にある展望台。
誰でも無料で入れる場所です。

あべのハルカスが見えて、湾岸線の港大橋が見えて、PLの塔も見える。
事務所のある三国ヶ丘周辺、仁徳天皇陵の景色も一望。
解体されたジョルノの跡地、建築中の複合施設の底地も見えます。

初めて入る場所ではないですが、天気も良くて、事務所の周り、自宅の周りを見渡していると、飽きない。

タワーマンションに住むのであれば、毎日こんな景色を眺められるのかなーと考えつつ、一方では落ち着かないだろうな、とも思います。

遠くの景色を見ながら、現実のことをいろいろと考えて、決めた一日でした。

|

2018年11月18日 (日)

有馬温泉で特別な休息2

301118有馬温泉での特別な休息。
今日は天気も良くて、山の景色もきれいでした。

今回は全く渋滞がなくて、堺から片道1時間ずつ。
時間的には近い場所にあるのに、心身共にリフレッシュして、戻ってきました。

そして、午後からは事務所に。

自由業なので、基本的には周りに強制されることなく、いろいろことを調整できます。

司法書士という職業として取り組むからには、追求するのは、長く続く方法。

土日や早朝・深夜関係なく仕事をして、身体を壊してしまったら、何もなりません。
一時的に忙しくても、仕事がぱったりと止まってしまう、ということもあり得ます。
いくら収入があっても、家庭が壊れてしまったら、意味がありません。

流されてしまうと、時としておかしな方向に進んでしまうので、所々で意識して、修正する時間が大事です。

|

2018年11月17日 (土)

有馬温泉で特別な休息

Camerazoom20181117143157111日々やることが積み重なり、時間が足りない。しかし、無理してやっても効率が落ちるだけ。

ということで、仕事は午前中だけにして、有馬温泉にきました。予約をしたのは3日前。

金泉につかって、マッサージしてもらって、昼寝をすることで、身体の緊張が一気にとけました。

平日の昼間も、お昼を食べた後、専用のソファーでウトウトするのが理想ですが、最近はきちんと「昼休み」を取れることがありません。

少なくとも、先月末、被後見人さんが危篤の知らせを受けてからは、昼寝も許されないプレッシャーを抱え続けていた気がします。

プライベートでも、重要な選択をしようとしています。結婚式をした思い出の場所で、ゆっくり考えよう。人生を見つめ直そう、という旅でもあります。

|

2018年10月28日 (日)

畳の上で眠ることに安心感

301028_2今日は天気が良くて、自宅リビングの室温が、26℃まで上がっていました。夜になっても、25℃台。

リビングは、今年の5月に薄い畳を並べて「和室風」にしていましたが、思いのほか居心地が良くて、やっぱり日本人には畳が合うんだ…と、一人で納得しています。

先週末から、そのリビングに布団を運んで、リビングで寝ています。

これまた、旅館の和室に泊まっているような感じがして、快適。
畳の上で眠ることに、安心感を感じます。

12年目にして、自分の家の中なのに、ちょっとした工夫で環境を変えられるのは、新しい発見でした。

|

2018年10月14日 (日)

未踏の地で刺激を受ける旅

Dsc_4751来年のGWは、5月1日が「新天皇即位の日」とする祝日になることで、4月30日と5月2日も休み。10連休になる予定・・・と報道されています。

勤めていた時に、事務所の先生から「GWはどうやって過ごすんですか?」と聞かれて、「司法書士会の会報の整理とか…」という、くだらない返事をしたシーン、なぜか鮮明に覚えています。

時間はあったのに、使い方分からなかったという、残念な時期でした。

もうすぐ、結婚してからの夫婦での旅行が、100回目となります。

最近では「のんびりしに行く」よりも、冒険旅行。未踏の地を楽しんで、いろいろな刺激を受けて帰ってくる旅、を好むようになりました。

10連休となれば、どこに行けるかなと、今から楽しみにしています。

|

より以前の記事一覧