プライベートな時間

2019年6月30日 (日)

湯快リゾート南紀白浜

010630

直前予約の「湯快リゾート南紀白浜 白浜御苑〈プレミアム〉」。

今年の3月にリニューアルされたばかり、という温泉スペースは、豪華なスーパー銭湯のようで、大浴場、岩盤浴(無料)、リラクゼーション、足つぼコーナーから自由にお茶を飲めるスペースまで、見事に整備されていました。

基本的に、土日は満室続きです。「眺望は望めません」の部屋しか空いてなかったのが残念でしたが、食事のバイキングも豪華ですし、プレミアムでも1万円ちょっとで温泉旅館が満喫できると考えると、人気の理由は分かります。子供連れに限らず、中年の夫婦、やや高齢の方と、顧客層も広いです。

とはいえ、早朝から被後見人さんが救急搬送の知らせが来て、慌ただしく大阪に戻り。とりあえず自宅でカバンだけ持ち出して、被後見人さんの病院に急ぐことになった、のでした。

|

2019年5月12日 (日)

旅が終わるとまた旅の計画に

010512

GW旅行が終わったので、夏の旅行の予約をしてきました。

GWの連休の旅行も、楽しみにしていたはずなのに、行く直前になると面倒くさくなって、キャンセル料がかからないならばキャンセルして、家に引きこもっていたかもしれません。目の前のことに追われて、精神的な余裕がなくなると、余暇を楽しむこともできなくなってしまいます。危険な兆候です。

結果的に、旅に出ることによって、心身の調子がリセットされて、リニューアルされた状態で、また仕事に向かい合える状態になれたと思っています。

GWに、未踏の地だった宮崎と鹿児島をクリアしたことで、宿泊した都府県が35/47となりました。夏の旅行に行けたら36/47となり、大阪から西側は全てクリアできる予定です。

|

2019年5月 3日 (金)

桜島~鹿児島中央

Camerazoom20190503123225267

前日は、霧島温泉泊。

今日は、「神話の里公園」のリフトで登って、山の景色を堪能してから、桜島を目指します。せっかくのレンタカーなので、陸続きの宮崎側から入ることにしました。

桜島では、標高373メートルの「湯之平展望所」に。穴場だと思ったら、結構な観光客。一般の人が行ける場所としては、一番頂上に近い場所であると、あとで勉強しました。地面には軽く火山灰が散らかっていて、頂上では噴煙が上がっていました。

桜島から鹿児島へは桜島フェリー。車と2人分の乗車代で1,310円。天気が良くなったので、桜島の景色をクリアに見ることができました。2日間のレンタカーの走行距離は230キロ。

帰りは、鹿児島中央から新大阪まで、直通の新幹線「みずほ」で4時間弱。

直通の車両は普通車でも2列ずつで、ゆったりと座って帰れます。初の鹿児島は、まだまだ見たい所がある場所、また行きたい場所リストに入ります。

|

2019年5月 2日 (木)

宮崎~霧島温泉

Camerazoom20190502123632431_1

宮崎の二日目。良い天気になりました。

レンタカーを借りて、南に一時間走り、サンメッセ日南。海辺に並ぶモアイ像を見るだけなのですが、時間が止まったようなのどかな景色に、来て良かった。しかし、車で近付くのが大変、車を置いて入るのも大変。

近くの鵜戸神宮。これまた車で入るのに一時間待機でしたが、断崖の中腹に神社があって、横では波が打ち上げている、珍しい場所。海の曇りがなくなって、きれいな景色に。

再び北上して、宮崎自動車道。2時間以上走って、鹿児島県。標高800メートルまで山を上って、霧島温泉で宿泊です。

別府のようにあちこちで湯けむりが上がって、街全体に硫黄の匂いが漂っています。

|

2019年5月 1日 (水)

宮崎への旅

Camerazoom20190501120133694

宮崎まで来ました。どうやって来ても遠い宮崎ですが、小倉までは新幹線。小倉~大分、大分~宮崎と在来線特急を乗り継ぎして、自宅から8時間45分かけて到着です。

元々は、新装された「さんふらわあ」で、志布志経由で鹿児島に行く予定でした。しかし、片道だけを船、片道だけを電車にするには、鹿児島に行くにも、片道を「宮崎経由」にしないとJTBではチケットを取れない、というカラクリがあり、電車は電車でも、遠回りすることになりました。

結局「さんふらわあ」は取れなかったので、行き帰り電車です。しかし、これはこれで、貴重な体験。

大分から宮崎に通じる特急「にちりん」は、途中は長い間山越え。乗客も少なくなり、車掌がいないワンマン列車。今のご時世、車内で何かあればどうするんだろう?と思いましたが、山の中を走り続ける中、車内はシーンとしていました。

宮崎駅前は、意外なほど?都会。駅の売店で普通にマンゴーが売られていて、お土産物も、マンゴーがらみが多い。駅前でご飯を食べて、あとは眠るだけです。

|

2019年3月31日 (日)

明日の予定に備えて広島に

午後から、広島に移動。
明日の予定に備えて、前乗りです。

朝から移動すれば足りる距離ですが、幸いにも今日は日曜日。

往復する時間のうち、片道分を休日にもってくることで、月曜日の仕事時間を増やせます。

それと、過去、広島には二度観光に来ていますが、平和記念公園はふらっと通っただけだったので、改めてゆっくりと、という思いもありました。広島平和記念資料館、平和記念公園を歩いて、原爆ドームを見ました。仕事のついでに地方の景色を見るのは、結構、頭の刺激になっていいのです。

新幹線が広島駅に着く直前、試合中のマツダスタジアムが見えました。

10数年前、最初に広島に来た時は、広島市民球場の移転問題の時期で、「資金が足りなくてね~」という話を、タクシーの運転手から聞いた記憶があります。広島東洋カープは、マツダスタジアムのチケットが取れない程の人気球団になることは、当時は考えられませんでした。

|

2019年3月24日 (日)

絶頂睡眠『悟空のきもち』

「予約が取れない」ことで噂のヘッドマッサージ。昨日、何気にキャンセル待ちの一覧を見ると、ピンポイントで1ヶ所だけ空いていたので、行ってきました。

身体のメンテナンスでは、2週間に一度、1対1で対応してもらえる鍼灸院に通っています。通い始めた頃は、ボロボロの状態だったようですが、通い始めてもうすぐ80回目になるところで、体感的にも、体調は良くなっています。

以前は、毎週のようにスーパー銭湯に通って、マッサージしてもらってましたが、最近は、体調を整える目的で、スーパー銭湯に行く必要もなくなりました。時間的な余裕がない、というのもありますが。

話は戻って、ほとんどの人が10分で寝るという『悟空のきもち』。
私自身、眠った感覚はなかったのですが、考えるはずのないことが頭の中に浮かんでいた気がするので、眠りかけをさまよっていたのは確か。「60分6,690円」の価値があるかどうかは、今夜の眠り次第ですが。

|

2019年3月21日 (木)

引越し2か月後に本棚大移動

採血で検査してもらったアレルギー検査では、アレルギーの元は「埃」「ダニ」と判明。花粉の反応はゼロでした。

引越しから2か月になったところで、ずっとリビングに置いてあった本棚を、物置部屋に移動。これで解決することを願います。

引越し前にも随分と「物」を処分して、以後、リビングに持ち込まれるのは意識して防いでいましたが、今日もまた、多くの物を処分しました。
物は、置くスペースがあれば、あるだけ増えていくもの。

必需品でないものは、買わない、貰いたがらない。
そういう意識でいないと、自然と増えていきます。

それと、引越ししてから、毎朝、ルンバを走らせて掃除をするのを習慣にしています。
ルンバは、障害物があると引っ掛かって止まってしまうので、「ルンバが走る家」を維持するのは、これまた意識しておかないと、なかなか難しいのです。

|

2019年1月20日 (日)

自宅の引越し無事に完了

310120_28時半前に、引越し屋さん到着。
11時前に、トラックへの運び込み終了。
12時前に、新居にトラック到着。
13時半に、荷降ろし完了。

前々回の引越しの時には、引越し当日、寝るスペースが確保できず、ホテルに泊まりに行く、という事態になりましたが、荷物の移動自体は、スムーズにいきました。

もっとも、冷蔵庫の中身は、家族の家に預ってもらって、書類の一部は、事務所に隔離していました。元々の家も、しばらくは出入りできるので、大変な中でも、まだ余裕のある移動でした。

明日は仕事の予定を入れないつもりでしたが、3つ予定が入っています。楽な状況ではないので、気持ちを入れ替えて、仕事に向かい合うことにします。

|

2019年1月19日 (土)

自宅に法律の専門書は置かない

310119引っ越し前日は、荷造り。
「女性2人で来る」の『女性』という言葉に、不思議な程の安心感を感じ、梱包もお願いしました。

私の事務所も、『女性司法書士』と表に出していますが、司法書士に限らず、『女性スタッフ』が居る、と伝えるだけで、印象は全然違うものです。

梱包は自分たちも手伝いましたが、3時間ちょっと。自宅にある本のために、段ボール16箱ほど要しました。

本は、私を作っている重要な要素ですが、法律の専門書は、家に存在しません。
これは、こだわりというより、本能的なものです。

|

より以前の記事一覧