« 「マスク会食」は会食ありきの発想? | トップページ | 自分のやりたいことをやりたいように »

2021年4月 2日 (金)

行政書士には行政書士の専門分野がある

Sakaihigashi_20210402204601本店移転登記のご依頼に、社労士さん、行政書士さん、税理士さんを交えて、情報が行き交っています。

役所で許可を取られている会社さんの登記には、内容にもよりますが、行政書士さんに関与してもらう。行政書士さんを巻き込んで進めないと、後で「登記をやった司法書士は誰だ!」となりかねない。たとえ、お客様自身が「こうして欲しい」と言われて、「そのとおり」やったとしても同じです。

そういう意味では、行政書士さんには、許可のプロであって欲しい。

私も行政書士登録をしていますが、名刺には入れていません。

行政書士の専門性が発揮されるのは、会社設立や相続ではなくて、司法書士ができない許可の分野。建設業、産業廃棄物の収集運搬業、風俗営業の許可、介護事業所の指定など、専門でやっていないと分からない分野です。

|

« 「マスク会食」は会食ありきの発想? | トップページ | 自分のやりたいことをやりたいように »

司法書士の日常(令和3年)」カテゴリの記事

「LINEアカウントの案内」ページ作成(2021.04.13)
ブラックボードで「入室制限」の告知(2021.04.12)
同居家族に内緒の債務整理(2021.04.09)
「全面禁煙の賃貸人気」の記事(2021.04.08)
コロナ禍でより光る「ここだけの店」(2021.04.07)