« 回りまわって本来の司法書士業務に生かす | トップページ | 不動産を買った時点で登記上の住所は前住所になる »

2021年3月 4日 (木)

年金の手続きに続いて税金の申告

20210304

今日も、銀行でもろもろの手続き。

三井住友銀行のサイトからの予約もスムーズにできますが、残念ながら、かなり先まで待たないと空きがない。堺支店が無理ならば、中もず支店にて。三国ヶ丘から中百舌鳥へは自転車ですぐ、の感覚です。

去年1月に不動産を売却した被後見人さん。

税務署から「お尋ね」が来て、なぜ購入した金額が分かる書類がないのか、見当たらないならば、税金のことをどうするつもりだったのか、ここ数日、自分でも記憶がなくて悩んでましたが、ふと答えが出ました。

「居住用不動産を売却した時の3000万円控除」。

昨日書いた年金の話ではないですが、本来は、司法書士業務として取り扱えない税金の申告も、自分でやっていると身に付けざるを得ないので(もっとも、過去の事例で、3000万円控除を使っても税金がかかるケースでは、計算ミスが許されないので、税理士さんに依頼しています)、どこかでまたお客様に還元します。

|

« 回りまわって本来の司法書士業務に生かす | トップページ | 不動産を買った時点で登記上の住所は前住所になる »

司法書士の日常(令和3年)」カテゴリの記事

「LINEアカウントの案内」ページ作成(2021.04.13)
ブラックボードで「入室制限」の告知(2021.04.12)
同居家族に内緒の債務整理(2021.04.09)
「全面禁煙の賃貸人気」の記事(2021.04.08)
コロナ禍でより光る「ここだけの店」(2021.04.07)