« できるようになるために必要なこと | トップページ | 誰にもできることをやり続ける »

2021年2月26日 (金)

お客様から見る「信頼」の数珠繋ぎ

010812_20210226211401出掛ける時間も決まっている月末の朝。電話が続きます。

「それ、営業と違うの?」という電話も、「違うような気がします」ということで、10分間捕まってしまいました。

過去には、実際に「従業員の福利厚生に」とお話があって、企業さんと契約させてもらったこともありました。今も、証券会社さんとの契約もありますが、契約書には「お互いに金銭を支払わない」という条項が入っています。

業務を受ける側が対価を払わないといけない、という仕組み。頼んでもないのに、業務が増えるようにサポートします、という仕組みはおかしいです。

新規のご相談は、長時間になりました。

お客様が信頼されている士業の方が、信頼できると言って下さったから、その司法書士は信頼できる。それであれば、その司法書士と付き合いしている不動産業者も信頼できる。そんな話があったそうで、人の信用というのは、そういう目で見られるんだな、と。

半面、悪いほうに広がる時も数珠繋ぎなのが信用というもの、であることも分かっています。

|

« できるようになるために必要なこと | トップページ | 誰にもできることをやり続ける »

司法書士の日常(令和3年)」カテゴリの記事

「LINEアカウントの案内」ページ作成(2021.04.13)
ブラックボードで「入室制限」の告知(2021.04.12)
同居家族に内緒の債務整理(2021.04.09)
「全面禁煙の賃貸人気」の記事(2021.04.08)
コロナ禍でより光る「ここだけの店」(2021.04.07)