« 誰にもできることをやり続ける | トップページ | 相続の後で最初に相談に来ていただける存在 »

2021年2月28日 (日)

開業から1年での事務所移転

P1010020平成14年7月にワンルームで開業し、その翌年。平成15年8月に事務所の移転をしています。

1年で書類や荷物があふれて、狭くなって、ワンルームマンションから事務所専用のビルに入りました。

自己破産の申立ては平成15年に40件、平成16年に36件。個人再生は、平成15年に10件、平成16年に22件。若かったから、無我夢中だったからできたことで、今、同じことをしろと言われても、自信ありません。

平成16年になると不動産登記で94件、商業登記も30件あったので、債務整理専門ではなかった。一般の裁判業務もいろいろとありました。

引っ越し代を使うならば、最初から広い場所で開業していればよかったんじゃないか。そんな考え方もあるかもしれませんが、全く自信がなかったし、見栄を張る必要もなかった。なので、小さい所から始めて、その過程を経て来てよかったんです。

事務所の契約は仲介業者さんとやり取りしましたが、ある日、オーナーさんから直接電話が入ります(つづく...)

|

« 誰にもできることをやり続ける | トップページ | 相続の後で最初に相談に来ていただける存在 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)