« 毎日届く郵便物を待ってまた次の手続きへ | トップページ | お客様から見る「信頼」の数珠繋ぎ »

2021年2月25日 (木)

できるようになるために必要なこと

20210225

被後見人さん宅訪問。
直近に就任したばかりで、単独での訪問は初めて。私のことは覚えてもらっていないですが、それで構いません。

ドラマ『監察医 朝顔』で、「お父さんがボクのことを忘れても、ボクがお父さんのことを覚えてるから大丈夫です」と義理の息子が言ったシーン、ジーンと来ましたが、身内だったらなかなか言えないことです。

帰りに、被後見人さんの法定代理人としての相続手続き。
法定相続情報証明も取得していますが、「代理人司法書士」ではなく、作成者を「成年後見人」として申請した初めてのケースです。

事務所に帰ると、電話対応と事務仕事。
初めての業務(と、お客様にも宣言しています)。資料を読み込んで、チェックリストを作る作業に没頭。

できないことが、できるようになるのに必要なことは、「立場」と「責任」。分かれ目は「やる気があるかないか」でもないし、「頭がいいか悪いか」ということでもありません。

|

« 毎日届く郵便物を待ってまた次の手続きへ | トップページ | お客様から見る「信頼」の数珠繋ぎ »

司法書士の日常(令和3年)」カテゴリの記事

「LINEアカウントの案内」ページ作成(2021.04.13)
ブラックボードで「入室制限」の告知(2021.04.12)
同居家族に内緒の債務整理(2021.04.09)
「全面禁煙の賃貸人気」の記事(2021.04.08)
コロナ禍でより光る「ここだけの店」(2021.04.07)