« 「大きいことが強い」とは限らない | トップページ | 三連休はいつも「恵みの三連休」 »

2021年1月 9日 (土)

「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)

20210109『新型コロナからいのちを守れ!(西浦博著)』。『厚生労働省クラスター対策班「8割おじさんの真実」』を読みました。

西浦教授は、第一波の時に「8割おじさん」と呼ばれ、安倍総理の「最低7割。極力8割」の発言の元になるデーターを作った人。

政治的に利用されるような形にもなり、また、当初の予測がオーバーな結果になったことで批判もされ、最前線から追い出されたような感じに見えますが、私は今でも応援しています。

この本では、日本でコロナの感染が広がる前から、どんな活動をされていたか。第一波の時に、政治的にも混乱する中で、どんな行動を取っておられたか、政治家や役人に何を伝えられていたか、時系列で分かりやすく記されています。

「専門家」「専門家」と、一括りに言われますが、同じ分野の専門家でも、いろいろな考えの人がいるもの。司法書士だって同じです。違う意見を持つ専門家の人たちが、議論ではなく、批判のし合いみたいな状況になることは、残念でならないです。

今回の緊急事態宣言の際しても、「今の対策だと実効再生産数が1.1。感染者は減らない」というデーターを出されていますが、大阪府知事も含めて、私は楽観視し過ぎているように見えます。『社会の仕組み』を考える上でも、多くの方に読んで欲しい本です。

|

« 「大きいことが強い」とは限らない | トップページ | 三連休はいつも「恵みの三連休」 »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)