« 司法書士事務所「サイボウズOffice」による情報共有 | トップページ | 消滅時効援用と分割弁済による任意整理 »

2020年12月 6日 (日)

看板広告よりも無料でできる広報活動

Panfu_20201206210301先日「営業しなくても済むようにするのが、営業の仕事」と書いたら、「オレの仕事、営業なんやけどな」というクレーム(?)を受けました。

しかし、私がやらない営業とは、「飛び込み、テレアポ、接待、マージン」といった、露骨に接近すること、仕事をもらう目的で時間とお金を使う行為。なので、緩やかな「関係づくり」の営業活動、広い意味での広報活動を否定するものではないです。

私の事務所の場合、紙媒体への広告も、ある時期、スパッと止めました。

狭いスペースに書けることは限られているので、広告を見て連絡して下さる方も、どんな事務所で、誰が運営しているのか分からない。事務所側としても、求めていない依頼者が来られる。行き違いが生じる。やり取りにストレスが生じる。業務が滞る。そういった悪循環に陥ることが分かったためです。

「類は類を呼ぶ」という言葉がありますが、お金を使って看板広告を出すくらいなら、ほぼ無料で書けるブログを使って、司法書士がだいたいどんな人物なのか。ある程度知って来て下さる方と、お付き合いしていけるのが理想です。

|

« 司法書士事務所「サイボウズOffice」による情報共有 | トップページ | 消滅時効援用と分割弁済による任意整理 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)