« 消滅時効の援用(債権回収会社に債権あり) | トップページ | 今年中の夜間のご相談は終了です »

2020年12月22日 (火)

そろそろ明日くらいがタイムリミット

20201222

今日は、堺東で不動産売買の立ち合い。

「銀行の何階ですか」というのは、どなたも把握されていなかったようで、30分前に「面識あり」の売主さんと落ち合えたのが幸いでした。解散した時に時計を見たら、当初の開始予定時刻の4分前です。

今日は、電話が少なかったです。
やっと住所録の整理。新しく出会った方の中からは、私が継続的にお付き合いさせてもらいたいと思う方を加えていきます。

過去には「年賀状何百枚!」と言ってる方を見ると、「羨ましいな~」と思うこともありましたが、私には、そんなに大勢の方とお付き合いしていくのは無理です。『DM』みたいにならないように、限られた方にニュースレター年賀状号をお送りしています。

夜は、新規のご相談。
急ぎのご依頼には、可能な限りご対応します。でも、もろもろ考えると明日がタイムリミットなので、「年内」ということなら明日にお返事をお願いします、ということをお伝えしています。

|

« 消滅時効の援用(債権回収会社に債権あり) | トップページ | 今年中の夜間のご相談は終了です »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

令和2年に起こった変化(その2)(2020.12.31)
令和2年に起こった変化(2020.12.30)
ニュースレター年賀状号を投函(2020.12.29)
年内の営業は終了しました(2020.12.28)
均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ(2020.12.26)