« 9時スタートの不動産売買 | トップページ | 新型コロナウイルス素人の雑感13 »

2020年12月26日 (土)

均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ

Kanban3_20201226200501土曜日ですが、会社設立のご捺印。
定款認証は28日に予約していますが、設立登記はいつ申請しましょうか。

登記の申請日が、会社の設立日となります。

法人住民税の均等割は「月未満切り捨て」ですが、12月28日を設立日とするのか、1月4日以降に設立するのかで、均等割1か月分が変わってくる計算です。

赤字会社でも課税されるのが、均等割りの7万円。
法人の運営に伴うコストのひとつです。

さて、4月のステイホーム期間中から、「感染防止」を名目に土曜日の相談・打ち合わせを閉鎖しました。今は「繁忙状態のため」としています。

結果としてどうなったか。仕事の総量は変わりません。。。

土日や夜間を開放しても、仕事を受けられるキャパは変わらないとなれば、基本、接客業務は「平日だけ」として、その中で精一杯お受けする。処理しきれなかった事務仕事を土日にする。

自分の体調を考えた時、一年通して体調を崩さないことを考えると、現時点では、そういう方法が合理的だと思っています。

|

« 9時スタートの不動産売買 | トップページ | 新型コロナウイルス素人の雑感13 »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

令和2年に起こった変化(その2)(2020.12.31)
令和2年に起こった変化(2020.12.30)
ニュースレター年賀状号を投函(2020.12.29)
年内の営業は終了しました(2020.12.28)
均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ(2020.12.26)