« 「司法書士事務所差別化の8大要素-⑤販促力」 | トップページ | 相続登記と一緒に解決できる登記はまとめて »

2020年11月 8日 (日)

社長室のような個室は作らない

021108

本棚を応接に移動させると共に、二階の模様替えも進めています。

せっかくの吹き抜け。
透明ガラスを塞いでいた本棚を退けて、上から下に、視界が抜けるようにしました。

元々見栄えを優先させて広く取り過ぎた吹き抜けのせいで、二階の執務室のスペースが狭くなってきました。見栄えと共に、「吹き抜けを広く取らないと話し声が届かないのでは」という不安もあったのですが、意外と声は通ります。

せめて、吹き抜けの3分の1くらいは、二階の床部分にしてもよかったんじゃないかと、今になると思うことです。

ところで「話し声」というのは、日常的に、スタッフ達と話をしながら仕事をする。そのための声なのですが、同じ空間にいて、他の電話がどんな内容なのかも聞いて把握しておきたい。

そんな私の感覚では、仮に広いスペースが取れたとしても、社長室のような個室は作らない、ということになります。

|

« 「司法書士事務所差別化の8大要素-⑤販促力」 | トップページ | 相続登記と一緒に解決できる登記はまとめて »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)