« 墓じまいによる納骨が完了 | トップページ | 社長室のような個室は作らない »

2020年11月 7日 (土)

「司法書士事務所差別化の8大要素-⑤販促力」

Manualu_20201107195401

『司法書士のためのマーケティングマニュアル(第一法規出版)』で書かれている、「司法書士事務所に求められる差別化の8要素」。⑤は「販促力」です。

本では「販促力は、ホームページや小冊子を企画する力とその量」と表現されています。

企画する力だけであれば、一般的な司法書士事務所には負けません。
頭の中にアイデアはあれど、そこに費やす時間的な余裕がない、というのが最大のネックです。

ホームページの言葉は、「自分の言葉で作る」は徹底しています。
当たり前のことかもしれませんが、中には、業者さんが本文の作成代行までしてしまうため、調べ物で検索していると、違う事務所なのに同じ文章が書かれている、ということに遭遇したりします。チラシなんかでも同じ。

ブログを毎日更新する。これは自分に課したノルマです。
「SEO対策でしょ?」と言われることもありますが、「SEO対策のため」であれば、おそらくは続きません。

|

« 墓じまいによる納骨が完了 | トップページ | 社長室のような個室は作らない »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)