« 切っても切れないのが親族さんとの関係 | トップページ | 「司法書士事務所差別化の8要素-④商品力」 »

2020年10月17日 (土)

税金の滞納と預金口座の差し押さえ

021017読売新聞朝刊に「給料即差し押さえ 行き過ぎ?」「税滞納者口座から全額」「各地で訴訟自治体敗訴も」の記事。

税金や国民健康保険料の滞納がある方の銀行口座。
「給料が入る日を見計らって差し押さえ」というのは、実際に私も見聞きしています。しかし、役所の窓口に相談に行ってもらうと、一部を除いて返金してもらえる場合がほとんど、のような気がします。

司法書士は、自己破産や個人再生の書類作成者として関与させてもらう立場。
なので、債務者の立場に立って物事考えるべきところですが、いきなり差し押さえされるのは、滞納が長期になり、分納の話を役所の窓口にしに行かず、税金の滞納を放置したままである、ことが理由だと思います。

記事には「分割払いを申し出たが応じてもらえなかった」とありますが、毎月の分割払いの金額にもよるかもしれません。窓口に行かず、横着して電話で済まそうとされて、話を聞いてもらえなかった、という例も知っています。

「こんなことになるとは、聞いていない!」と、怒りの矛先が司法書士に向けられても困るので、まずは役所の窓口に、分割納付の話し合いに行ってもらうようお伝えします。

|

« 切っても切れないのが親族さんとの関係 | トップページ | 「司法書士事務所差別化の8要素-④商品力」 »

世の中の話」カテゴリの記事

渋沢栄一さんの考え方に触れて(2021.04.14)
責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)