« 「司法書士事務所差別化の8要素ー①立地」 | トップページ | 「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事 »

2020年10月 4日 (日)

「司法書士事務所差別化の8要素ー②規模」

Manualu_20201004150401

『司法書士のためのマーケティングマニュアル(第一法規出版)』で書かれている、「司法書士事務所に求められる差別化の8要素」。②は「規模」です。

私の事務所は、2名でスタートして、開業3年目から3名に。
スーパー事務員さん産休を機に4名になって、最大が5名。今は、常勤3名・非常勤1名の4名です。

4人のうち「司法書士が3人」というのは、人数的な面だけでなく、私の足りない部分を補ってもらえる。常に意見を聞きながら業務ができるというのが、私にとって一番ありがたいこと。

男性女性の違いも含めて、「感覚」「考え方」というのは人によって違うものなので、純粋な「書類のダブルチェック」も含めて、依頼者には複数の視点から検討したサービスを提供しています。

それと、依頼者からすると、私を携帯電話で捕まえるのが一番てっとり早いはずですが、あえて、事務所に連絡してもらうシステムにしています。「女性の方が内容を把握されてました!」と驚かれることもありますが、私一人で抱え込まないようにしています。

営業時間内は、誰かが事務所に居ます。なので「書類を届けるだけ」であれば、アポなしで大丈夫です。「8大要素」の①とかぶりますが、『来店型』の事務所である以上、「事務所を無人にしない」は基本と考えています。

|

« 「司法書士事務所差別化の8要素ー①立地」 | トップページ | 「住宅ローン完済時年齢上昇」の記事 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)