« 通勤ラッシュの時間帯に乗る日 | トップページ | 三井住友銀行の「ほどほど」の敷居の高さ »

2020年9月10日 (木)

高くても売れるのは理由がある

020910

不動産のチラシを見て、三国ヶ丘でも3000万円台で家が買えるんだ…と思ったら、土地だけの値段でした。

「テレワークが一般的になれば、どこに住んでも同じになる」という考え方もありますが、今のところ、私は否定的。

好んで「田舎暮らし」をするのであれば別ですが、そもそも家に籠ってやれる仕事なんて、限られています。むしろ、昨今の天災の状況を見ていると、人が安全に住める場所というのは、もっと限られているのではないか、と思ったりもします。

もっとも、都心であっても、台風や地震の被害からは逃れられませんが、「天災で大きな被害が生じる場所に、過疎化が進んでいる場所が多い」というのは偶然ではなく、「水害が起こる場所は、過去に何度も被害が生じている」ということも見えてきました。

話がそれましたが、堺市の中でも、三国ヶ丘や堺東周辺に高級住宅街が多いのは、歴史的にもそれなりに理由があるのでしょうし、仕事をするにしても、生活をするにしても、やっぱり便利。高くても売れるのは、それなりに理由があります。

|

« 通勤ラッシュの時間帯に乗る日 | トップページ | 三井住友銀行の「ほどほど」の敷居の高さ »

価値観・共感した話」カテゴリの記事

自分のやりたいことをやりたいように(2021.04.03)
経営のセンスが伝わるベッドカバー(2021.03.28)
体調管理もプロの仕事のひとつ(2021.03.21)
「成功者に共通することは・・・」(2021.03.20)
誰にもできることをやり続ける(2021.02.27)