« 「迷ったら難しい道を選べ」は嘘だと思う | トップページ | 「9時スタート」と「9時半スタート」2つの基準 »

2020年8月 2日 (日)

「休日に電話しても出ない」事務所

Kanban3_20200802165101

夏季休暇の予定。
8日(土)から16日(日)まで、ということで告知を始めています。

しかし、来週の予定は、もう半分くらいは埋まっていて、実際に休めるのかどうかは別問題。宿泊の予約も入れていますが、直前キャンセルができるよう、直前までキャンセル料がかからない方法で予約しています。

自由業の特権として、「いつ休んで、いつ仕事をしてもいい」というのがありますが、私の結論は、結局のところ「みんなが休んでいる時に休んで、みんなが仕事をしている時に働く」ことが気楽である、ということです。

いくら勝手に「今日は休み~!」と決めても、降りかかってくる電話からは逃れられません。「出張~」なんて嘘をつくなら、「休み」と言えばいいのに。「お盆休みなし」ではなく、「休みをずらして取る」と言えばいいのに、というのも同じです。

「吉田事務所は、休日に電話をしても出ない」というのは、長年の習慣の蓄積があって、やっと許されることと思っています。

|

« 「迷ったら難しい道を選べ」は嘘だと思う | トップページ | 「9時スタート」と「9時半スタート」2つの基準 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)