« 「9時スタート」と「9時半スタート」2つの基準 | トップページ | 抵当権抹消書類の差し替えは登記済証紛失のため »

2020年8月 4日 (火)

事務所の外から見える電灯の存在

020804

今日は一日事務仕事。
「来週は休みを取れるように!」を合言葉に、お仕事進めています。

写真は、事務所を前面から見たもの。
建てた時に意識したのは、外から見える、事務所内の電灯の存在です。

業者さんからは、通常の家に取り付ける丸いタイプものを進められましたが、それでは事務所っぽくないということで、応接スペース以外は長い電灯を利用しています。

司法書士事務所には限りませんが、外から「電灯が見える」というのは、微妙に大事なことと考えています。

せっかく路面に接していても、壁にシートを貼り付けてしまったり、外から中の様子が分からない造りにしてしまうのは、「わざと」でなければもったいないです。真っ暗であれば、私だったら「やっていないのかな~」と思います。

ホームページでも、玄関から見たらどんな感じか、応接スペースがどんな感じかが伝わるように、と考えています。「行ったことがないけど、その場の雰囲気が想像できる」というのは、ご相談者にとって重要なところです。

◎リンク 司法書士吉田事務所 遺産承継相談サイト「事務所紹介」

|

« 「9時スタート」と「9時半スタート」2つの基準 | トップページ | 抵当権抹消書類の差し替えは登記済証紛失のため »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)