« 色の使い方にはセンスと遊び心が必要 | トップページ | 「首都圏パンデミック」 »

2020年8月22日 (土)

名刺の表・裏を改訂しました

020822

名刺の裏面に、事務所のLINEアカウントへの誘導を入れました。

連絡手段は「LINEやメールがいい」。

いや「電話じゃないとダメだ」という、右か左かという考え方ではなく、複数の連絡手段を使える方のほうが、関係が深くなれる可能性が高い。LINEを使っておられるお客様とは、LINEでも連絡を取りたいと思っています。

地図には「桜珈琲」を入れました。
長い間「清恵会病院の裏」だったのが、「桜珈琲の裏」とい言えば伝わるよう、三国ヶ丘の目印でいてもらいたい桜珈琲です。

取扱業務からは「債務整理」関係を抜きました。
これは、単純に、債務整理の案件が減ってきて専門性が発揮できないということと、好んで受けるつもりはない、受ける余裕がないことからの判断。ホームページにも、「今は債務整理が主流業務ではない」ことを明記しています。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト「分野別 取り扱い件数」

|

« 色の使い方にはセンスと遊び心が必要 | トップページ | 「首都圏パンデミック」 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)