« 後見業務と戦没者等の遺族に対する特別弔慰金 | トップページ | 後見と再生・破産に共通する部分と相違点 »

2020年7月23日 (木)

久しぶりに「自動音声」にしています

020723

普段から取らない休日の電話ですが、久しぶりに自動音声にしてみました。
四連休ですが、今日電話を取らなかったら明日、明日取らなかったら明後日。そうやって追いかけられることもあるので。

振り返ってみると、平日でも、18時になると即自動音声に切り替えていた時期もあります。土日は一切仕事の約束を入れない。お世話になってる関係者に対しても拒絶していたので、それは傲慢だったなと思いますが、事務所の経営が成り立つのであれば、営業時間以外は完全にシャッターを下ろしてしまう。中にいても対応はしない。これが理想です。

キャパオーバーになってる中、時間外にまで対応しても、自分の首を絞めるだけ。そして、すでにお受けしている依頼者の方には「業務遅延」という形でご迷惑をお掛けすることにもなります。

理想と言えば、私の司法書士としての終末期は「自宅兼事務所で、のんびりやっていく」姿を思い描いていますが、「時間外に来られる患者さんに対応するのに、年齢的にしんどくなった」と、自宅兼診療所から自宅だけ転居されたお医者さんのお話を聞きました。

このお話は、私の司法書士人生に影響を与えそうです。

|

« 後見業務と戦没者等の遺族に対する特別弔慰金 | トップページ | 後見と再生・破産に共通する部分と相違点 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)