« 「売上よりも自由」を目標にしよう | トップページ | 市によって役所の雰囲気が違う »

2020年7月12日 (日)

川沿いの不動産売却の経験(後見人から)

020712今週は、九州・岐阜を中心に、連日大雨の被害が報じられていました。

「50年に一度の雨」「今までにない雨」が毎年降るのであれば、もうそろそろ、結果論で済ますのは限界なのではないかと思います。

昨年の秋、不動産売却のため、後見人に就任させてもらった事例では、「川沿いである」等の悪条件が重なり、値段がつかず、一時はどうなることかと思いました。固定資産税で考えると、1期分で4万円もの支払いが必要な土地です。

やっと買い付けが入ってホッとしたところ、親族さんから「その金額では納得できない」という主張があり、お話をするため、何度も足を運んだ経験があります。

第三者からすると、客観的に考えられることも、住み続けておられる方にとっては、容易に決断できることではないのは当然ですが、水曜日、大阪の大和川でも、短時間の雨でかなりの水量になっていました。堺市のハザードマップでも、広範囲で浸水の被害が想定されています。

◎外部リンク 「堺市 内水・土砂災害・洪水ハザードマップ

|

« 「売上よりも自由」を目標にしよう | トップページ | 市によって役所の雰囲気が違う »

世の中の話」カテゴリの記事

新型コロナウイルス素人の雑感10(司法書士目線)(2020.07.26)
テイクアウトでもブランドを崩さない(2020.07.25)
川沿いの不動産売却の経験(後見人から)(2020.07.12)
「ダム式経営」は家計でも通じる話(その2)(2020.06.20)
確定申告による所得税の還付は早いのに?(2020.06.10)