« 「6月末」は自粛解除後の区切り? | トップページ | 「フラット35」住宅ローンの融資実行 »

2020年6月25日 (木)

よくある「お客様の声」は信じない

020625

朝から被保佐人さん宅訪問。

続いて、新規のご依頼。
「なぜうちの事務所を?」とお聞きしたところ、明確なお答えをいただきました。私も『そこ』が大事だと思っているので、ここでは書きません。だから、ホームページによくある「お客様の声」みたいなのは、司法書士業界の内外を問わず、本当の声だと信じてはいません。

続いて、大阪市内のお店。
大阪府の休業要請外支援金の申請に必要な写真を撮りに行きました。

大阪府が設定している「専門家の事前確認」は、あくまでも仕上がった書類を確認する、趣旨のものですが、そこまで至れない方がいらっしゃいます。国の持続化給付金も同じです。パソコン?使えません。PDFってなんですか?という事業者を切り捨てるというのも、ひとつの方法なのだと思いますが、元々のお客様なのでお手伝いします。

大阪府の休業要請外については、司法書士会から「事前確認作業及び確認書の作成を超えた支援で報酬を受け取ると、他の法令に抵触する恐れがある」という通知が来ています。こういう時は、行政書士資格の出番です。

|

« 「6月末」は自粛解除後の区切り? | トップページ | 「フラット35」住宅ローンの融資実行 »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

「通信の記録はあえて残す」を心掛けます(2020.07.10)
登記完了後は「回収」「整理」「返却」の工程(2020.07.09)
「終末期における医療に関する意思確認書」(2020.07.08)
特別定額給付金の話あれこれ(2020.07.07)
期間の制限がある権利の登記は例外(2020.07.06)