« 「費用はいくらかかりますか」のお問い合わせ | トップページ | 個人間売買における司法書士の役割 »

2020年6月20日 (土)

「ダム式経営」は家計でも通じる話(その2)

020620何気に過去のブログを見ていると、2009年5月5日の記事に目が留まりました。稲盛和夫著『働き方』から、松下幸之助さんの話を引用した記事「ダム式経営」は家計でも通じる話」です。

==================================
「景気がよいときに、景気がよいままに経営するのではなくて、景気が悪くなるときのことを考えて、余裕のあるときに蓄えをする。つまり、水を溜めておくダムのように、景気が悪いときに備えるような経営をすべきだ」-。幸之助さんは、このような趣旨のお話をされました。(以上引用です)

今のようなご時世になると、なるほどと思える話でも、景気がいい時には、じゃぶじゃぶとお金を使ってしまい、なおかつ、すでに多額の借入をしていた、という例は、少なくないと思います。そんな中、入ってくるお金が突然止まると、水が枯れてしまうのも必然かもしれません(以上2009.5.5の記事から)。
===================================

当時書いていた「今のようなご時世」というのが、何を指すのか、自分でも分からないのですが、前年の「リーマンショック」のことでしょうか。記事を書いてから11年も経っていますが、「今のようなご時世」は、今では「コロナショック」のことだと読むことができます。

時が経っても、大事なことは変わらない。
それと、忘れた頃にやってくる災難も、ああ、あの時と同じじゃないかと、共通する部分がある、ということです。

松下さんの「ダム式経営」の話、いい話なので、もう一度取り出してみることにしました。

|

« 「費用はいくらかかりますか」のお問い合わせ | トップページ | 個人間売買における司法書士の役割 »

世の中の話」カテゴリの記事

責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)
新型コロナウイルス素人の雑感11(2020.11.21)