« アベノマスクとオンライン申請 | トップページ | 裁判所も法務局も動き始めた »

2020年5月20日 (水)

司法書士事務所コロナ時代の来客対応ルール

020520

朝から法務局~市役所へと移動。
市民課のシャッターが上がる前から、待機していました。

「出勤する職員を減らして」「交替勤務」という言葉、何となく格好いい気がして、ウチも使ってみようとホームページに出していましたが、今日消しました。それは自分たちの都合であって、利用者には関係なかった。休んだとしても、利用者には迷惑かけてはいけない。司法書士事務所に限らず。それが結論です。

新規のご相談も入りました。
事務所のルールとして、手指のアルコール消毒を促します。まだブログに出していなかったかもしれませんが、応接には透明の仕切りを置かせてもらっています。ひと組来客が終わると、次亜塩素酸で消毒するようにしています。失礼に思われるかもしれません。

でも、お客様と自分たち、お互いのためと思っています。
あの頃は、神経質になってたよな~と、早く言えるようになりたいものです。

|

« アベノマスクとオンライン申請 | トップページ | 裁判所も法務局も動き始めた »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)