« 「出勤者7割減」と仕事の遅れ | トップページ | 相続相談サイト「取扱い実績」更新 »

2020年5月 9日 (土)

大きくするより小さくするのが難しい

020509このブログのサブタイトルは、『堺市にある小さな司法書士事務所の舞台裏』。周りの建物と比べると、一番小さいのがウチの事務所です。

私には、「事務所を大きくしたい」という気持ちがありません。司法書士法人にしたいとか、都会に出たいとか、そんな気持ちが一切ない。

過去を振り返ると、フルタイム勤務5人が最大規模。私の能力ではそれ以上は無理だし、人件費の負担、家賃の負担を重荷に感じた時の感覚。言葉にできないような「恐い」という感覚は、忘れることはありません。

事業を大きくするのは簡単。小さくするのは、その何倍も難しいんです。

昨今のコロナの問題からも、特に報道されているのが飲食店の維持費。「大きくすると大変」というのが教訓として伝わってきます。上場会社でもそうです。急拡大させたはいいけど、株価が急降下…という会社、名の知れたお店があります。

良い時はいいです。銀行もお金を貸してくれて、借金して規模を広めて、人もたくさん雇用して、そして今回のような問題が起きたらどうなるのか。経営者は「良い時にどう過ごしていたか」が問われる立場なのだと思います。今も含めて。

|

« 「出勤者7割減」と仕事の遅れ | トップページ | 相続相談サイト「取扱い実績」更新 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)