« タイムズの最大料金にもコロナの影響 | トップページ | 複数の手段を持っておくこと »

2020年4月26日 (日)

コロナは司法書士業界にも迫ってきた

020426

元々は、「その時、何を考えていたか記録しておこう」と書き始めたコロナの問題。今では、毎日コロナがらみの記事となりました。

横浜のクルーズ船からそのまま人を下ろした時、「これはマズイことになる」と思ったものの、どこか他人事だった。それが、司法書士にも影響が及ぶ、日常の生活に支障が生じることになるとは、想像できませんでした。

ここまでくると、どこまでズルズルいくのか。
「1年」なら「1年」と言ってくれたほうがいい。もう元に戻れないのであれば、中途半端なことは言わずに、はっきり言ってくれたほうがいい。

昨日、吉村知事は「5月6日で緊急事態宣言が解除される可能性はある」とテレビで言ってましたが、『とりあえず』GWに人が出ないようにするため、そう言っているだけなんだろう、と聞こえました。

安倍さんや菅さんは、相変わらず他人事のような雰囲気を醸し出していますが、湘南に遊びに行く人を減らしたり、営業を続けるパチンコ店を止めようとしたり、知事さんたちが何とかしようとしていることは、伝わります。それが、どこまで有効なのかは分からないですが。

|

« タイムズの最大料金にもコロナの影響 | トップページ | 複数の手段を持っておくこと »

世の中の話」カテゴリの記事

責任者として守るべき存在がある(2021.04.10)
下の人は意外な程見ているもの(2021.01.16)
新型コロナウイルス素人の雑感13(2020.12.27)
新型コロナウイルス素人の雑感12(2020.11.29)
新型コロナウイルス素人の雑感11(2020.11.21)