« 新型コロナウイルス素人の雑感8 | トップページ | やっと人の動きが止まり始めたのかも »

2020年4月 6日 (月)

緊急事態宣言と司法書士の事務所

020406今日は、遺言公正証書の作成。証人及び遺言執行者に指定された司法書士として立ち会い。
同時に、死後事務委任契約の受任者となる公正証書も作成しました。

ついでに、役所でのもろもろの手続きにお付き合い。

4月ということもあって、市民課は混み合っています。

訪ねた部署も、職員がマスクなしで至近距離で話をされていますし、元々の職員の席の配置が、濃厚接触のレベルです。「感染する・しない」を運に任せるような環境は、危険過ぎ。

緊急事態宣言の前日になって、役所や銀行が閉まらないのであれば、司法書士事務所を閉めることもできない、というのも今日改めて感じたことですが、事務所側から求めて予定を入れていくのは、当面避けていくつもりです。それにしても、今日かかってきた電話の本数は多かった。

|

« 新型コロナウイルス素人の雑感8 | トップページ | やっと人の動きが止まり始めたのかも »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

令和2年に起こった変化(その2)(2020.12.31)
令和2年に起こった変化(2020.12.30)
ニュースレター年賀状号を投函(2020.12.29)
年内の営業は終了しました(2020.12.28)
均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ(2020.12.26)