« 同行同席はご紹介の責任 | トップページ | 面会禁止と外出禁止の中で »

2020年3月12日 (木)

コンビニ発行の住民票・印鑑証明書は便利

020312

朝から和泉市役所、岸和田の法務局。
法定相続情報証明を完成させてもらうのを待って、お客様宅にお届け。

法定相続情報証明に必要となる書類の不備を言われたためですが(今回はレアケース)、法定相続情報証明は「法務局がチェックしてくれる」という意味で、司法書士としては変な安心感を持ってしまう部分はあります。

午後からは、被後見人さんの住所異動の手続き。
役所によっては、異動届けを出して「住民票が出来上がるまでに、他の係りに届け出してきて下さい」という方式もあって、届出人としては時間のロスが少なくて助かりますが、役所によって、その中でも、特に東淀川区役所のオペレーションは悪いです。正面に立って、人の動きをじ~っと観察しておりました。

住民票の申請のみ、印鑑証明書の申請のみの人は、極力、役所に来てもらわない。
そのためには、マイナンバーカードを半強制的に持たせて、コンビニで発行してもらう。コンビニ発行の住民票、印鑑証明書は便利なので、もっとそういう方向に持っていくべしです。

(後日追記)

この後、コロナ関係の申請で、マイナンバーカードを普及させていなかったデメリットが露呈することになります。

|

« 同行同席はご紹介の責任 | トップページ | 面会禁止と外出禁止の中で »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

令和2年に起こった変化(その2)(2020.12.31)
令和2年に起こった変化(2020.12.30)
ニュースレター年賀状号を投函(2020.12.29)
年内の営業は終了しました(2020.12.28)
均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ(2020.12.26)