« 「売主後見人」として売買に参加 | トップページ | 1月継続処理と新規受託の件数 »

2020年2月 1日 (土)

「事件簿」から平成31年を振り返る

020201事件簿は、1年間に受託した案件を集計し、保管することになっています。

いっそのこと、上場会社の決算書のように、開示するのが義務になれば、依頼者側に選びやすさを提供できるのではないか、と考えたりしますが、私の事務所で実数を書いても支障がなさそうなのは債務整理。

びっくりするほど件数が減っているのが債務整理事件で、平成31年(令和1年)に申立てをした自己破産は3件。個人再生は1件。過払いの任意整理が1件で、あとは時効援用でした。

自己破産の申し立てが一番多かったのは平成15年の40件。個人再生の申立てが一番多かったのが平成16年の22件ですから、15年も経つと、業務の内容はがらりと変わっています。

一方で、時間が足らない傾向。ずっとやることに追われている感は、年々増しています。1月は、正月明けて三連休に旅行に行っただけで(出発日は半日事務所)、後は休みなし。今日、土曜日のファイルの積み上がり方も、なかなか分厚いです。

|

« 「売主後見人」として売買に参加 | トップページ | 1月継続処理と新規受託の件数 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)
「分野別 取扱い件数」更新しました(2020.05.04)