« タウンページの存在感がなくなった | トップページ | なぜか都合の悪い記録が残ってしまう »

2020年2月 9日 (日)

求人を通して考える司法書士事務所の特徴

Dsc_4469

ちょっとずつ修正しながら、求人広告が整ってきました。
大手事務所さんの待遇と比べて、給与・福利厚生は大きく劣ります。そんな中で、自分の事務所は何が特徴だと言えるのかな~と、この1週間考えていました。

今の私が24歳。司法書士試験に合格したばかりの時であれば、私の事務所を選ぶのは難しいです。大量事件、機械的に処理できる事案が少なくて、登記の基礎が備わっていないとやっていけない気がします。

しかし、登記の基本を身につけて、26歳に2か所目の事務所を選ぶ時。登記の中でも様々な業務を取り扱って、司法書士としての幅を広げたいと考えた時には選んでみたい、と思いたい。

最近では、高齢者向けの業務が増えています。高齢者の方の生活見守り、財産管理。終末期の医療や福祉の存在。葬儀があって、そして相続が発生するという人生の流れを、これほど間近で、ありのままに見られて、学べることが多いのは小規模事務所ならでは。その特徴が、求職者に魅力かどうかは別とします。

◎リンク 堺市の司法書士吉田事務所メインサイト「司法書士・アシスタント求人情報」のページ

|

« タウンページの存在感がなくなった | トップページ | なぜか都合の悪い記録が残ってしまう »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)