« 他人の財産管理の前に自らの経理を | トップページ | 死体検案書をもらいに刑事課まで »

2020年1月22日 (水)

財産があっても税金を支払えないワケ

Dsc_tennouji後見人就任から1か月が経過して、裁判所に就任時報告を出せた件は、未払い金の清算。
「税金滞納で差し押さえ」を受けておられる方も、実は金融資産をお持ちであって、金銭の管理ができなくなっておられるだけ、ということもあります。

身寄りのない高齢者が増えていきます。
お役所も強行的な取り立てする前に、「もしかしたら?」と訪問して様子を窺ってみる。係が違うので難しいのでしょうけど、生年月日を見て、想像力を働かせてもらってもいいのではないかな、と思います。

ところで、今回、年末に審判確定した後見事件は、正月休みを挟んだことと、確定直後に被後見人さんの住所を移転したことで、新住所の登記事項証明書がなかなか取れずに、活動が遅れました。

裁判所には、「確定日に住所を移転して住民票を届けるので、最初から新住所で登記してもらえないか」と相談しましたが、「まずは審判書の住所で登記しないといけない」とのことでした。

相続の戸籍謄本等の収集に、大阪市のサービスカウンター。
改札からの距離が短く、処理が速くて便利な、天王寺のサービスカウンターです。

|

« 他人の財産管理の前に自らの経理を | トップページ | 死体検案書をもらいに刑事課まで »

司法書士の日常(令和2年)」カテゴリの記事

令和2年に起こった変化(その2)(2020.12.31)
令和2年に起こった変化(2020.12.30)
ニュースレター年賀状号を投函(2020.12.29)
年内の営業は終了しました(2020.12.28)
均等割は会社設立にまつわるコストのひとつ(2020.12.26)