« それでもオンライン申請を使うメリット | トップページ | いわゆる「人生会議」を少しずつ »

2020年1月 8日 (水)

半額にしても依頼数は2倍にならない

020108

被保佐人さん宅訪問。リハビリパンツをお勧めすると、抵抗なく受け入れて下さってよかった。

新規のご相談2件。
消滅時効の援用と、抵当権の抹消登記。

抵当権抹消登記は、「抹消書類を事務所までお待ちいただける場合(16,500円)」と「司法書士が店頭に出向く必要がある場合(22,000円)」の基本報酬を分けました。当然、手間も必要となる時間も違ってきます。

しかしながら、抵当権の抹消登記については、報酬2万円でも頼んで下さる方は頼んで下さるし、報酬1万円にしたからといって、依頼数が2倍になるわけではない、というのは、いろいろと変動させてみて分かっています。

しかし、それは他の業務についても言えることなので、自分の事務所にとって「適正な価格とは?」は意識して、費用のご提示をしています。

|

« それでもオンライン申請を使うメリット | トップページ | いわゆる「人生会議」を少しずつ »

司法書士の日常」カテゴリの記事