« 生活保護課でもマイナンバー機能せず | トップページ | 実際の「相続の手続き」というのは »

2019年12月29日 (日)

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方

011229今日も事務所の片付け。

ファイルに挟まったままだった書類の整理。不要なものはシュレッダー行き、必要なものだけファイリングしていきます。重要な見落としに気付いて、慌ててATMに走ります。「整理」というのは、まとめてやるのではなくて、その都度やっておかないとなあ…と考えます。

この2日間事務所に居て、変な自信を持ちました。

正月休みの9日間。電話も取らず、何も予定を入れず、事務所で思うような時間を過ごしたとしても、「これで片付いた」とか、「これで落ち着いた」とか、そういう状態になることはない。

「その場しのぎ」と言うと言葉が悪いですが、普段、いかに「その日」「その場」をしのぐために精一杯になっているか。ファイリングとか、知識や情報を記録していくとか、そういうちょっとした間が欠け過ぎています。

スタッフはそれで仕方がないとしても、私は、営業時間外にひとりで居る時間があるので、司法書士として事務所の実力を蓄積していくにも、「時間外」の時間がいかに大事であるか、ということです。

|

« 生活保護課でもマイナンバー機能せず | トップページ | 実際の「相続の手続き」というのは »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)