« 生活保護申請のタイミング | トップページ | 「見守り契約」で引き出しを試されます »

2019年12月11日 (水)

「くれくれ」営業はしないと決める

011211

今日は、被保佐人さん宅訪問。
久しぶりにホームに降りた中津駅。今まで「暗い」イメージのあった中津駅が、明るくきれいに改装されようとしています。順次改装されているトイレもそうですが、人が集まる場所。「明るい」「きれい」はキーとなるワードです。

午後からは、保険の手続き・打ち合わせ2件。片方は私が顧客として、別件は、私が代理店として。
一年ごとに「更新」の手続きが必要となる自動車保険は、同じ保険会社で、別の代理店さんから契約させてもらいました。

同じ契約内容であれば、お付き合いのある会社さんと、というのは自然の感情です。少し高くてもいい、のではないでしょうか。

一般的な営業活動って「くれくれ」営業をイメージされることが多いですが、こちらからお仕事をお願いした方からお仕事のご紹介をいただくとか、逆に、ご依頼して下さった方にお仕事をお願いするとか、私の場合、自然とそういう関係になれることが多くて、「くれくれ」営業をされる前に、できることがあるのではないか、と考えています。

|

« 生活保護申請のタイミング | トップページ | 「見守り契約」で引き出しを試されます »

司法書士の日常」カテゴリの記事