« コピー機も投資と贅沢品のバランス | トップページ | 人が多い場所マスクは必需品 »

2019年12月18日 (水)

都合の良い言葉には裏がある

011218

堺東の商店街で、司法書士のCMが流れています。
自分が司法書士だから、「司法書士」って聞こえて反応しますが、一般の方にどこまで効果があるのだろう、と考えると疑問です。

TVのコマーシャルなんかでも同じように思いますが、ちらっとした情報を元に来られた方と、詳しくホームページを見て来られた方とでは、関係性。お付き合いがうまくいくかどうか、というのは、明らかに違います。一般的な傾向として、ですが。

「5分で無料診断」というコマーシャルもいまだに流れていますが、資料もなくて、電話での無料診断は到底無理です。

信じる方に罪はないですが、都合のいい情報だけを耳にして来られる方と、都合の悪い部分というか、デメリットも分かって向かい合って下さる方と、どちらがいいお付き合いができるか、というのも、これもまた考えるまでもないところ。

それは、家族だって同じでしょう。いい部分だけを見て、付き合っていけるわけではないです。

|

« コピー機も投資と贅沢品のバランス | トップページ | 人が多い場所マスクは必需品 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)