« 施設に期待し過ぎてもいけない | トップページ | 社会から「ふるい」にかけられ続ける »

2019年12月 3日 (火)

金融機関の相続と法定相続情報証明

011203

今日は、「できるだけ予定を入れない」とボードに書き込んで、事務仕事を進めていくための日。そして、今日こそは「昼休み」を取れるだろうと思っていた一日。

結果として、12時から13時の間に電話が固まったのは、面白い現象。ご飯を口に入れたまま、FAXの送信票を打ちながら、手には電話を持っているという、複雑な状態でした。

自営業に「昼休み?」と言われるかもしれませんが、以前にみたいに、外にご飯を食べに行くことはなくなりました。それよりも、短時間の昼寝が仕事の効率に有効なのは、科学的にも言われていることです。

成年後見人として進めていた相続手続きが完結しました。「甥・姪」の方を含む相続であったため、戸籍謄本の束が分厚い。複数の金融機関の窓口で、戸籍謄本のコピーを取られることに時間がかかり、法定相続情報証明。こういう時に、予め法務局で取得しておく「法定相続情報証明」が便利に使えるのだと、身を持って体験です。

|

« 施設に期待し過ぎてもいけない | トップページ | 社会から「ふるい」にかけられ続ける »

司法書士の日常」カテゴリの記事