« 「相見積もり」は数か月に1回 | トップページ | 「どうしてこんなに忙しいのか」 »

2019年12月 6日 (金)

10年前の自分だったらできない

011206前々から気になっていた、阪神高速環状線の車線を増やしている工事。今朝の新聞で、「信濃橋渡り線。1月29日開通」と知りました。

ただ車線を増やすだけでなく、湾岸線・神戸方面からの走行距離・時間を短縮させる効果があるとのこと。結果的に、堺線からの合流地点での慢性的な渋滞の緩和も、期待できそうです。

さて、今日もその阪神高速に乗って、高槻に移動。被後見人さんの自宅、不動産の売却に向けて、もろもろの準備をしています。

細かいことは書きませんが、今回のお仕事。若くてパワーがある時ではなく、今、自分がこの年齢で、そこそこのことを見聞きしてきて、それなりに痛い思いもしてきて、やっとできる役目なのかな、と思います。

もろもろの問題を丸く納めるには、自分の都合だけではなく、相手の立場も尊重しないといけない。一緒にお仕事させていただく方も、同じように考えてくれる方とでないとできない。10年前の自分だったら、きっとできなかったことだろうなと、

そんなことを考えるのは、年齢を重ねた自分を、良いように見ようとしているだけかもしれませんが。

|

« 「相見積もり」は数か月に1回 | トップページ | 「どうしてこんなに忙しいのか」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事