« 相続登記が最後になった相続手続き | トップページ | 不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい »

2019年12月24日 (火)

携帯電話とクレジットカードの解約

011223_20191224211001被後見人さんの携帯電話の解約。振り返ってみれば、被後見人さんが、ご自身名義の携帯電話を持たれていた、というのは初めてのケース。

前日に必要書類を聞いて出向きましたが、結論として、成年後見人が解約する場合は、「電話機本体が必要」「審判書と確定証明書の場合は、本人の確認書類が必要」ということで、出直しとなりました。

「登記事項証明書があれば、本人の確認書類は不要」だそうですが、「どう違うんですか?」と権限のない方に言っても仕方がない。個々の会社のローカルルールには逆らえません。

クレジットカードの解約も、それぞれの会社によって、いろいろなことを言われます。「店頭に出向けば何とかなる」+「ある程度の傾向が分かっている」金融機関とは違う面倒さがあります。

午後からは、泉大津市。14時半、15時、15時半と3つの予定。金融機関、お客様、お客様に被保佐人さんの施設とお約束を入れて、誤差数分の範囲で回れました。車は2時間、同じパーキングに停めたまま、です。

|

« 相続登記が最後になった相続手続き | トップページ | 不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)