« 金融機関の相続と法定相続情報証明 | トップページ | 「相見積もり」は数か月に1回 »

2019年12月 4日 (水)

社会から「ふるい」にかけられ続ける

011204

今日は、自動販売機の集金。
業者さんに自販機を空けてもらって、自動表示されるカウンターで売上を確認。その中から所定の手数料をもらいます。これも後見業務の一環。

「令和5年に紙幣が変わるでしょ?」と言われ、私の頭は「???」。

調べてみたら、今年4月に発表されていたようですが、自分に関係のない情報は視界には入らないのでしょう。しかし、自販機の業者さんは機械の交換が必要なので、死活問題だと言われていました。

私自身、身近なところでは、ウィンドウズ10への移行で、パソコンの買い替えとソフトの交換を余儀なくされています。変化についていけなければ「脱落して下さい」と、社会からは「ふるい」にかけられる。どこまでも、かけられ続けるような気がします。

午後からは、被後見人さんの病院。「また来てな。寂しいから」。帰り際に初めてそんな風に言ってもらえて、やっと認めてもらえたのかなと、心が温かくなりました。

|

« 金融機関の相続と法定相続情報証明 | トップページ | 「相見積もり」は数か月に1回 »

司法書士の日常」カテゴリの記事