« 「見守り契約」で引き出しを試されます | トップページ | 「名義変更の費用はいくら?」 »

2019年12月13日 (金)

後見業務「人生会議」の現場から

Camerazoom20191213152333176

今日は、被後見人さんの主治医と「人生会議」。医師から「人生会議」という言葉が出たので引用させてもらいますが、厚生労働省のポスターで非難を浴びたという「人生会議」は、ご家族さんも交えて、医療に関する今後の方針の話し合いをしました。

終末医療に関する意思確認は、誰もが必要なこと。「臭いものに蓋」では済みません。任意後見受任者の方とは、オリジナルな確認書を交わしています。自ら判断できると思われる被保佐人さんらにも、取りつけしていく予定です。

法定相続情報証明を申請したところ、「すでに申請されています」と法務局から電話が入り却下。ご本人に聞いたら「申請されてない」とのことなので、犯人探し。。。再交付の申請をすることで『代理人』が明らかとなりました。

「意思確認」を厳格に教育されている司法書士と違う士業を、法務局に入れるとこうなる(ご本人の委任状をもらうことなく、法務局に法定相続情報証明を申請されてしまう)、という結果であります。

|

« 「見守り契約」で引き出しを試されます | トップページ | 「名義変更の費用はいくら?」 »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)