« 携帯電話とクレジットカードの解約 | トップページ | 会社設立と印鑑・ゴム印の手配 »

2019年12月25日 (水)

不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい

301004被保佐人さんの生活保護の申請書類を作成。書類作りには慣れているはずですが、慣れない生活保護の申請書。時間がかかって1時間が経過。

裁判所に提出する、被後見人さんの、「居住用不動産売却許可」の申請書も作成。こちらも、いろいろな書類が錯綜して、時間がかかります。不動産の売却が決まるまでも、時間がかかりました。不動産は、買う時よりも売る時のほうが難しい。これは、私が身を持って体験していることです。

年をまたいで準備する会社設立は、税理士さんと、役所への申請をしてもらう行政書士さんと、両方に確認しながら進めています。こういう過程があるので、司法書士と他の専門家同士が連携を取れる環境は、お客様のメリットにつながります。

ところで、今日は、スタッフの子供さんが一緒にやってきて、半日事務所で過ごしてくれました。余裕があったら、キャッチボールの相手をして欲しかった。

|

« 携帯電話とクレジットカードの解約 | トップページ | 会社設立と印鑑・ゴム印の手配 »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)