« 脱忘年会宣言 | トップページ | 金融機関の相続と法定相続情報証明 »

2019年12月 2日 (月)

施設に期待し過ぎてもいけない

Dsc_kouken_20191202205101今日は、被後見人さんの施設入所の手続き。いろいろな関係者と顔合わせさせてもらって、新しい生活のスタートです。

施設にもよりますが、家族と施設の懇談会を積極的に開催されている施設、アンケートを取られている施設からは、「家族から施設」に対する厳しい意見、きつい意見が聞こえてきます。

しかし、24時間、1対1で見守ることはできません。気に入らないことがあれば、何でも施設の責任を問う、というのは、違うと思うのです。

司法書士も後見人の立場に立てば、施設と「なあなあ」になってはいけないのですが、一緒に見守るというか、協力できる関係を築いていくというか、お互いにできることをやる。そういう意識がないと、ご本人にとって、いい環境を作れない気がします。

比較の対象にはならない世界かもしれませんが、子供の学校に対する保護者の姿勢とも、通じる部分があるのかなと考えています。

|

« 脱忘年会宣言 | トップページ | 金融機関の相続と法定相続情報証明 »

司法書士の日常」カテゴリの記事