« 「スーパー銭湯」に頼らない体調管理 | トップページ | コピー機も投資と贅沢品のバランス »

2019年12月16日 (月)

被後見人さんの荷物処分は「しかるべく」

011216 12月も半ばだというのに、季節外れの暖かさ。車に乗っていると「暑い」とも感じる日差しです。

今日は、和泉市まで、完了した登記書類のお届け。

被後見人さんの自宅から引き上げてきた動産。「これは価値があるかも?」と、目ぼしい物を取り出して買取屋さんに持って行きましたが、「金」でも「ダイヤ」でもない、ということで「全部まとめて200円」でした。

一方で、処分業者さんに引き取ってもらう荷物の処分代は、念のため裁判所のお伺いを立てるべく、見積書と写真を出していましたが、裁判所からは「しかるべく、になります」という回答。

「しかるべく」という日本語、普段は使わないものの、以前も言われたことあったなーと思いながら、また意味を調べることになるのでした。

|

« 「スーパー銭湯」に頼らない体調管理 | トップページ | コピー機も投資と贅沢品のバランス »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)