« 被後見人さんの荷物処分は「しかるべく」 | トップページ | 都合の良い言葉には裏がある »

2019年12月17日 (火)

コピー機も投資と贅沢品のバランス

010602_20191217204601

ウィンドウズ10に変えたことで、もろもろのソフトに支障。とうとうコピー機の入れ替えまでに話が発展しました。

デモ機が積まれているマイクロバスに連れられて移動しましたが、新しい機能で司法書士業務がどこまで効率化できるか。便利さを買うためには、ある程度の投資は必要ですが、バランスが崩れると贅沢品。浪費になるのは、業務用の備品でも同じです。

さて、今日明日は、年末の中でも時間指定の予定がない、空白の日。
最近、長い間、こういう日がなかった。事務所に座って、周りの書類片付ける余裕もなかったので、細かい作業を進めていきます。

完了した相続登記は、3件戻ってきました。その書類を使って、1件申請。
もう1件は、分筆登記を待って、一部贈与の予定です。

被後見人さんのご自宅から「ごっそり」持って帰ってきた書類の中からは、古い通帳を発見。自分のネットバンキングの口座にログインして、口座番号を指定すると、口座が生きているかどうか確認できます。亡くなったご家族名義の口座も発見。。。

被後見人さんが相続人となられる相続手続きは、費用対効果を問わず、解決しないといけないところです。

|

« 被後見人さんの荷物処分は「しかるべく」 | トップページ | 都合の良い言葉には裏がある »

司法書士の日常(令和1年)」カテゴリの記事

司法書士の「営業時間外の時間」の過ごし方(2019.12.29)
生活保護課でもマイナンバー機能せず(2019.12.28)
営業日終了後の「過酷な年末」は回避へ(2019.12.27)
会社設立と印鑑・ゴム印の手配(2019.12.26)
不動産は「買う時」よりも「売る時」のほうが難しい(2019.12.25)