« サービスの対価は値切ってはいけない | トップページ | 「ヒアリング+書面のチェック」 »

2019年11月11日 (月)

「何でもかんでも電話」には反対派

Denwa2_20191111192401休み明けは、浮ついた状態。あれもこれもとしなければならない中、ひとつのことをやりかけては、他のことをして、その途中でまた他のことが動いて・・・という状態でした。

個々のお客様にとっては、当然、自分の案件が全てなので、「他の件で・・・」という言い訳は禁句ですが、舞台裏では並行作業。電話1本で、机の周りに書類が散らかって、その後の予定がガタガタになってしまう、というのが現実でもあります。

連絡手段は、徐々に「電話からメール」「メールからLINEへ」と、シフトしていっています。

事務所がいただく報酬も、「メール可の場合」「LINE可の場合」と、いずれ減額幅を設けてもいいのではないかと思っています。こちらの都合ですけれど。

もっとも、人と人とのコミュニケーションの方法は、時と場合によります。お顔を見て話さないと意思疎通できないこともあれば、電話やメールで済むこともある。LINEで十分な時もある。逆に、メールやLINEで記録に残すほうが、お互いに便利なこともある。

「何でもかんでも電話」ではなく、そういう部分でのお互いの感覚が一致すれば、意思疎通はもっと楽になるのではないか、というのが結論です。

|

« サービスの対価は値切ってはいけない | トップページ | 「ヒアリング+書面のチェック」 »

司法書士の日常」カテゴリの記事